先輩医師の声

先輩医師の声
先輩医師の声|K医師
K医師

 急性期コースに進んだきっかけは、学生時代に聞いた病院説明会でした。
センター長 小倉先生から「”救急医を目指すうえで、必要な経験が全てできるコース”があり、あと1人分しか募集していない」と聞き、その場で決めました。
岐阜大学医学部病院での高度救命救急センター、一宮市立市民病院での地方ER型、聖路加国際病院での都市ER型、隠岐島前病院での地域医療。
初期研修で、こんなに経験することはまずできません。
初期研修では、救急医療の様々な形、その土地にあった形を学びました。
今はこの高度救命救急センターの外傷チームでいかなる外傷治療にも対応できる麻酔科医を目指して、修行中の身です。

後期研修で当センターの救急専門医研修に進んだ理由は、当施設では様々な疾患を経験することができ、色々な専門をもつ上級医が在籍しているからです。
ここでは、重症外傷、重症熱傷、重症感染症、重症急性膵炎、産科ショック、心肺蘇生後など、原因疾患の治療・全身管理を行わなければ、時に命を落とす患者さんに出会います。
このような患者さんの初期治療から、原因疾患の治療、集学的治療を行うことで学ぶことは大変多いと思います。
また、内科、外科、整形外科、脳神経外科、麻酔科、循環器内科、小児科などを専門としている上級医が、救急・集中治療も専門とし、センター内で一緒に治療を行っています。
これは全国の施設でもそう多くはありません。
重篤な病態の患者さんは、一方の視点だけで治療を進めても、良くなるとはかぎりません。
今、その患者さんを治療するのに必要な視点を提供できること。
それが当センターの強みであると思います。

先輩医師の声|Y医師

Y医師

 幼い頃あるドラマを観て以来、救急医を目指した僕が研修病院を決めるにあたって、様々な病院を見学した中で、岐阜大学医学部附属病院の急性期コースを選びました。
岐阜大学医学部附属病院は、救急医療の質・人員を見ても、全国トップクラスであり、将来本格的に三次救急に身を置きたかった僕としては、出身大学は違いましたが、地元にこんなに充実した高度救命救急センターがあることは、研修先を決めるにあたり非常に大きな魅力となりました。
急性期コースは、救急部の上司と相談し、1年目は主に大学、2年目は様々な希望に合わせて、主に関連病院を複数研修します。
僕の場合は救急のなかでも外傷外科医を目指しており、心臓血管外科や消化器外科といった外科系を中心に研修させていただきましたが、研修医のうちに複数の病院で研修でき、関連病院の“いいとこ取り”出来るのは本当に魅力的です。
救急研修においても、一宮市立市民病院のような地域の中核病院での救急研修、聖路加国際病院での大都市でのER型救急研修に加え、当院高度救命救急センターでの3次救急を研修医のうちに経験できるということは、本当に力となり、充実した研修になりました。
大学での救急研修で、努力次第で2年目にはフライトドクター研修ができるということも、僕の心を大きく震わせました。
文章だけでは魅力を伝えきることはできないので、救急はもちろん、急性期コースやドクヘリなど、興味がある方は是非一度見学においでください。
最大級のおもてなしでお迎えします。

プライバシーポリシー サイトマップ

〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1番1
TEL:058-230-6000(代表)