2016年 業績
救急・災害医学分野
研究成果の発表
著書(和文)
1)牛越博昭.内科救急診療指針2016-二次救命処置(Advanced Life Support:ALS) 第一版,東京:株式会社総合医学社;2016年:15-17
2)岡田英志. 在宅診療-医食健康講座-身体の乾燥注意報, 第1巻,第2号,東京都:へるす出版;2016年:187
3)岡田英志. 在宅診療-医食健康講座-泣けない大人のストレス解消法, 第1巻,第3号,東京都:へるす出版;2016年:288
4)岡田英志. 在宅診療-医食健康講座-便秘な世の中, 第1巻,第4号,東京都:へるす出版;2016年:379
5)岡田英志. 在宅診療-医食健康講座-よい子のねん寝は腹八分,第1巻,第5号,東京都:へるす出版;2016年:473
6)吉田省造, 齋藤正樹. 攻略2016 呼吸療法認定士 試験対策 たしかめドリル. 第8版, 東京:日総研出版;2016年
7)岡田英志. 在宅診療-医食健康講座-梅雨前線、麦茶はいかが? 第1巻,第6号,東京都:へるす出版;2016年:571
8)岡田英志. 在宅診療-医食健康講座-季節を食べよう! 第1巻,第7号,東京都:へるす出版;2016年:663
9)牛越博昭,小倉真治,名知祥,加藤久晶,鈴木浩大,中野志保,山田法顕,吉田隆浩. 2016年大学生の健康ナビ-救急時の対応, 岐阜市:岐阜新聞社:43-53
著書(欧文)
なし
総説(和文)
なし
総説(欧文)
なし
原著(和文)
1)熊田恵介,村上啓雄,豊田泉,小倉真治,福⽥ 充宏.高度救命救急センターにおけるインシデント報告の現状と気管切開事例に関わる安全管理対策の効果.⽇救急医会誌. 2016年; 27: 8-14
2)安田立、吉田省造、小倉真治. 我々の敗血症性DIC治療戦略. Coagulation & Inflammation, 2016, 2巻, 1号:29-35
3)山路文範,加藤久晶,安田立,北川雄一郎,鈴木浩大,中野志保,中野通代,吉田省造,吉田隆浩,豊田泉,小倉真治. 子宮内反症に伴う活動性出血を大動脈閉鎖バルーンカテーテルでコントロールした1例. 周産期医学. 2016年;Vol46, No.6 : 815-817.
4)豊田泉,山田法顕,小倉真治,岩間亨,山田実貴人,山川弘保,加藤雅康,林克彦,八十川雄図. 岐阜県における脳卒中MC体制の充実と問題点. 日本神経救急学会雑誌. 2016年; Vol.28 No.3 : 40-43
5)中野志保,加藤久晶,北川雄一郎,吉田隆浩,熊田恵介,白井邦博,豊田泉,小倉真治. 当院における大量出血に対する緊急異型適合血輸血の使用経験. ICUとCCU. 2016年;Vol40, No.6: 435-439.
6)豊田泉,小倉真治. 頭部外傷における栄養療法は、早期から開始すべきか?, 救急・集中治療, 2016年;Vol.28 no.11・12:873-876
7)林賢二,吉田省造,杉原博子,山田法顕,土井智章,名知祥,牛越博昭,小倉真治. アルゴリズム表を用いた人工呼吸器アラーム対応シュミレーション教育.人工呼吸, Jpn J Respir Care, 2016年, 33: 191-195
8)松本 淳, 村田 一知朗, 宮崎 渚, 西脇 亜由子, 名和隆英, 牛越博昭, 湊口信也. 小児の過敏性腸症候群に対して鍼灸治療が有用であった1症例. 日東医誌 Kampo Med. 2016年;67巻, 2号, 144-149
原著(欧文)
1)Tanaka Y, Kato H, Shirai K, Nakajima Y, Yamada N, Okada H, Yoshida T, Toyoda I, Ogura S. Sternoclavicular joint septic arthritis with chest wall abscess in a healthy adult: .J Med . 2016 Mar 26;10(1):69.  CS 0.63
2)Sordi R, Nandra KK, Chiazza F, Johnson FL, Cabrera CP, Torrance HD, Yamada N, Patel NS, Barnes MR, Brohi K, Collino M, Thiemermann C. Artesunate Protects Against the Organ Injury and Dysfunction Induced by Severe Hemorrhage and Resuscitation.Ann Surg. 2016  CS 6.2
3)Suzuki K, Inoue S, Morita S, Watanabe N, Shintani A, Inokuchi S, Ogura S. Comparative Effectiveness of Emergency Resuscitative Thoracotomy versus Closed Chest Compressions among Patients with Critical Blunt Trauma: A Nationwide Cohort Study in Japan. PLoS One. 2016 ;11(1):1-12  CS 3.32
4)Matsumoto-Miyazaki J, Miyazaki N, Murata I, Yoshida G, Ushikoshi H,Ogura S, Minatoguchi S. Traditional Thermal Therapy with Indirect Moxibustion Decreases Renal Arterial Resistive Index in Patients with Chronic Kidney Disease.J Altern Complement Med. 2016 22(4):306-314  CS 1.55
5)Mineji Hayakawa, Shinjiro Saito, Shigehiko Uchino, Kazuma Yamakawa, Daisuke Kudo, Yusuke Iizuka, Masamitsu Sanui, Kohei Takimoto, Toshihiko Mayumi, Takeo Azuhata, Fumihito Ito, Shodai Yoshihiro,Katsura Hayakawa, Tsuyoshi Nakashima, Takayuki Ogura, Eiichiro Noda, Yoshihiko Nakamura, Ryosuke Sekine, Yoshiaki Yoshikawa, Motohiro Sekino, Keiko Ueno, Yuko Okuda, Masayuki Watanabe, Akihito Tampo, Nobuyuki Saito, Yuya Kitai, Hiroki Takahashi, Iwao Kobayashi, Yutaka Kondo, Wataru Matsunaga, Sho Nach, Toru Miike, Hiroshi Takahashi, Shuhei Takauji, Kensuke Umakoshi, Takafumi Todaka, Hiroshi Kodaira, Kohkichi Andoh, Takehiko Kasai, Yoshiaki Iwashita, Hideaki Arai, Masato Murata, Masahiro Yamane, Kazuhiro Shiga and Naoto Hori. Characteristics, treatments, and outcomes of severe sepsis of 3195 ICU-treated adult patients throughout Japan during 2011–2013: Journal of Intensive Care. 2016:Jul 12;4:44.  CS 0.55
6)Hayakawa M1, Kudo D, Saito S, Uchino S, Yamakawa K, Iizuka Y, Sanui M, Takimoto K, Mayumi T, Ono K, Azuhata T, Ito F, Yoshihiro S, Hayakawa K, Nakashima T, Ogura T, Noda E, Nakamura Y, Sekine R, Yoshikawa Y, Sekino M, Ueno K, Okuda Y, Watanabe M, Tampo A, Saito N, Kitai Y, Takahashi H, Kobayashi I, Kondo Y, Matsunaga W, Nachi S, Miike T, Takahashi H, Takauji S, Umakoshi K, Todaka T, Kodaira H, Andoh K, Kasai T, Iwashita Y, Arai H, Murata M, Yamane M, Shiga K, Hori N. Antithrombin Supplementation and Mortality in Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Multicenter Retrospective Observational Study. Shock. 2016 Dec :46(6):623-631."  CS 2.57
7)Tsujimoto M, Tokuda H, Kuroyanagi G, Yamamoto N, Kainuma S, Matsushima-Nishiwaki R, Onuma T, Iida Y, Kojima A, Sawada S, Doi T, Enomoto Y, Tanabe K, Akamatsu S, Iida H, Ogura S, Otsuka T, Kozawa O, Iwama T. AICAR reduces the collagen-stimulated secretion of PDGF-AB and release of soluble CD40 ligand from human platelets: Suppression of HSP27 phosphorylation via p44/p42 MAP kinase. Exp Ther Med. 2016 Aug;12(2):1107-1112.  CS 1.5
8)Suzuki K, Inoue S, Kametani Y, Komori Y, Chiba S, Sato T, Inokuchi S, Ogura S. Reduced Immunocompetent B Cells and Increased Secondary Infection in Elderly Patients With Severe Sepsis. Shock. 2016 Sep;46(3):270-278.  CS 2.57
9)Kumada K, Murakami N, Okada H, Toyoda I, Ogura S, Kondo H, Fukuda A. Rare central venous catheter malposition - an ultrasound-guided approach would be helpful: J Med . 2016 Sep 13;10(1):248  CS 0.63
10)Nachi S, Okada H, Kato H, Suzuki K, Nakano S, Yoshida T, Yoshida S, Ushikoshi H, Toyoda I, Ogura S. Simple neumopericardium due to blunt trauma progressing to tension pneumopericardium during transportation. Am J Emerg Med. 2016 May;34(5):933  CS 1.08
11)Shozo Yoshida, Hideshi Okada, Akio Suzuki, Keiko Suzuki, Takashi Niwa, Tomoaki Doi, Kunihiro Shirai, Kodai Suzuki, Yuichiro Kitagawa, Tetsuya Fukuta, Haruka Okamoto, Kazumasa Oda, Tomofumi Ohmori, Shiho Nakano, Michiyo Nakano, Takahiro Yoshida, Keisuke Kumada, Hiroaki Ushikoshi, Izumi Toyoda, Nobuo Murakami, Yoshinori Itoh and Shinji Ogura. Rapid Attainment of Optimal Trough Concentrations in Organ Failure Mitigated by Teicoplanin . Journal of Intensive and Critical Care. 2016 Vol2 No.2: 36  CS
12)Genzou Takemura, Kenji Onoue, Takeshi Kashimura, Hiromitsu Kanamori, Hideshi Okada, Akiko Tsujimoto, Nagisa Miyazaki, Tomoya Nakano, Yasuhiro Sakaguchi, Yoshihiko Saito. Electron Microscopic Findings Are an Important Aid for Diagnosing Mitochondrial Cardiomyopathy With Mitochondrial DNA Mutation 3243A>G. Circulation:Heart Failure, July 2016, Volume 9, Issue 7,  CS
13)Goto K, Takemura G, Takahashi T, Okada H, Kanamori H, Kawamura I, Watanabe T, Morishita K, Tsujimoto A, Miyazaki N, Ushikoshi H, Kawasaki M, Mikami A, Kosai K, Minatoguchi S. Intravenous Administration of Endothelial Colony-Forming Cells Overexpressing Integrin β1 Augments Angiogenesis in Ischemic Legs. Stem Cells Transl Med. 2016 Feb;5(2):218-26.  CS
研究費獲得状況
1)競争的資金
1)研究代表者:岡田英志,研究分担者:竹村元三、鈴木浩大、岡本遥;平成28年度科学研究費助成金 基盤研究(B):敗血症性心機能障害に対する細胞特異的ホーミングペプチドを用いた新規治療の確立;平成28年-30年度;20,000千円
2)研究代表者:鈴木浩大;平成28年度科学研究費助成金 若手研究(B):リコモジュリンの抗炎症効果による重症敗血症抑制効果の解析;平成28年-29年度;4,890千円
3)研究代表者:神田倫秀;平成28年度科学研究費助成金 若手研究(B):重症軟部組織損傷に対する高気圧酸素療法の応用と解析;平成28年-29年度;4,800千円
2)受託研究
1)小倉真治:メチレンブルー静注50mg「第一三共」使用成績調査;平成28年度-32年度;43千円:第一三共株式会社
2)小倉真治:アコアラン静注用600使用成績調査【DICを対象とした調査】;平成28年度-33年度;64千円:日本血液製剤機構
3)小倉真治:トロンボモジュリアルファと微小循環障害-敗血症性心筋障害における考察-;平成28年度-29年;2,500千円:旭化成ファーマ株式会社
4)小倉真治:持続的血液浄化療法が必要な急性腎障害患者を対象としたFCU-08のランダム化比較試験;平成28年-29年;1,522千円:扶桑薬品工業株式会社
3)共同研究
発明・特許出願状況
なし
学会活動
1)学会役員
小倉真治:
1)日本救急医学会ICLSコース企画運営委員会委員長・評議員・指導・専門医制度委員会・教育研修統括委員会・財務検討特別委員会(~現在)
2)日本集中治療医学会評議員・危機管理委員会(~現在)
3)日本Shock学会理事・評議員(~現在)
4)日本航空医療学会評議員(~現在)
5)日本外傷学会評議員・将来計画委員会委員 (~現在)
6)日本救急医学会中部地方会理事(~現在)
7)日本臨床救急医学会評議員・編集委員会委員・会則検討委員(~現在)
8)日本集団災害医学会評議員(~現在)
9)日本組織移植学会評議員(~現在)
10)日本集中治療医学会東海北陸地方会評議員(~現在)
11)日本病院前救急診療医学会評議員(~現在)
豊田泉:
1)日本救急医学会評議員・中部地方会幹事(~現在)
2)日本脳神経外傷学会評議員・ガイドライン作成委員(~現在)
3)日本脳神経外科救急医学会幹事・編集幹事(~現在)
4)日本臨床救急医学会ACEC委員会委員(~現在)
5)日本航空医療学会評議員(~現在)
6)日本神経救急学会ISLS委員会委員、神経蘇生ガイドライン2015委員会委員(~現在)
7)日本高気圧環境・潜水学会評議員、地方会等検討委員、試験委員会委員(~現在)
8)日本病院前救急診療医学会・評議員(~現在)
9)日本蘇生協議会 JRCガイドライン2015作業部会員
牛越博昭:
1)日本内科学会東海地方会評議員(~現在)
2)日本循環器学会東海地方会評議員(~現在)
3)日本内科学会認定総合内科専門医・認定医病歴評価委員(~現在)
4)日本内科学会認定内科救急コース(JMECC)認定審査委員(~現在)
5)日本プライマリ・ケア連合学会中部ブロック代議員(~現在)
吉田省造:
1)日本集中治療医学会評議員(2016/2/15~現在)
2)日本集中治療医学会東海北陸支部連絡協議会委員(2017/1/1~現在)
3)日本中毒学会西日本地方会幹事(2016/2/6~現在)
4)日本救急医学会関東地方会幹事(~現在)
長屋聡一郎:
1)日本救急医学会・小児救急特別委員会委員(2015.1.1~2016.12.31)
名知祥:
1)日本救急医学会・院外心停止例救命のための効果的救急医療体制・治療ストラテジの構築に関する学会主導研究推進特別委員会委員(~現在)
2)日本救急医学会・ICLSコース企画運営委員会委員(~現在)
3)日本臨床救急医学会・学校へのBLS教育導入検討委員会委員・同ワーキンググループ委員長(~現在)
4)日本蘇生協議会・JRC蘇生ガイドライン2015 ALS作業部会委員・EIT作業部会委員
2)学会開催
なし
3)学術雑誌
小倉真治:
1)日本臨床救急医学会;編集委員会委員(~現在)
2)日本航空医療学会誌;査読委員(~現在)
豊田泉:
1)日本脳神経外傷学会;編集幹事, ガイドライン作成委員(~現在)
2)日本脳神経外科救急医学会 ; 編集委員(~現在)
3)日本航空医療学会 ; 査読委員(~現在)
牛越博昭:
1)International Journal of Cardiology: Reviewer (~現在)
2)Journal of Cardiology: Reviewer (~現在)
3)Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology: Reviewer (~現在)
名知祥:
1)改訂5版 救急蘇生法の指針2015(医療従事者用)編集委員会委
学会招待講演,招待シンポジスト,座長
豊田泉:
1)第44回日本救急医学会 (平成28年11月, 東京, パネルディスカッション2 関連セッション3 「終の棲家と高齢者救急 在宅医と救急施設の円滑な連携を目指して」座長)
学術賞等の受賞状況
なし
社会活動
小倉真治:
1)災害時の診療録のあり方に関する合同委員会(~現在)
2)岐阜県国民保護協議会委員(~現在)
3)岐阜県医療審議会委員(~現在)
4)岐阜県社会保険診療報酬請求書審査委員会学識経験者審査委員選考協議会委員(~現在)
5)岐阜市救急業務対策協議会委員(~現在)
6)岐阜市救急医療体制協議会委員(~現在)
7)岐阜県医師会勤務医部会学術選考委員会委員(~現在)
8)岐阜県医師会勤務医部会常任運営委員会委員(~現在)
9)地域医療福祉情報連携協議会 幹事会委員(~現在)
10)救急医療情報連携地域協議会「救急医療情報連絡専門委員会」委員(~現在)
11)岐阜県メディカルコントロール協議会委員 ・救急隊員教育部会委員・プロトコール検討部会委員(~現在)
12)岐阜県消防・医療連携協議会委員(~現在)
13)高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン・メディカル委員会副委員長(~現在)
14)医師臨床研修マッチング協議会運営委員(~現在)
15)岐阜県圏域地域医療構想調整会議委員(~現在)
16)中部原子力懇談会理事(~現在)
17)岐阜県地震防災行動計画検討委員会委員(~現在)
18)山岳医療に関する医師養成協議会役員(~現在)
19)名古屋大学特定臨床研究監査委員会委員(~現在)
豊田 泉:
1)岐阜地域メディカルコントロール協議会委員(~現在)
2)岐阜県メディカルコントロール協議会委員・救急救命士の処置範囲拡大に伴うワーキンググループ委員
救急隊員教育部会委員・プロトコール検討部会委員・リスク管理委員・検証医(~現在)
3)岐阜県非常駐災害医療コーディネーター(~現在)
4)岐阜県医療関係機関による災害時医療救護協定検討会議委員(~現在)
5)NPO法人岐阜救急災害医療研究開発機構理事(~現在)
6)岐阜市災害弔慰金等支給審査委員会委員長(~現在)
7)山岳医療に関する医師養成協議会役員(~現在)
8)岐阜県医療関係機関による災害時医療救護協定検討会議委員(~現在)
9)富山県ドクターヘリ運航調整委員会委員(~現在)
10)岐阜県ドクターヘリ運航調整作業部会委員(~現在)
牛越博昭:
1)日本学術振興会科学研究費委員会審査専門委員(~現在)
熊田恵介:
1)NPO法人岐阜救急災害医療研究開発機構理事(~現在)
吉田隆浩:
1)岐阜県メディカルコントロール協議会委員・救急隊員教育部会委員・プロトコール検討部会委員・救急救命士の処置範囲拡大に伴うワーキンググループ委員(~現在)
2)岐阜地域メディカルコントロール協議会委員(~現在)
3)富山県ドクターヘリ運航調整委員会委員・作業部会委員(~現在)
4)岐阜県通信指令員救急教育係るワーキンググループ委員(~現在)
5)岐阜県非常駐災害医療コーディネーター(~現在)
副田明男:
1)岐阜県医師会 山岳医療に関する医師養成協議会委員(~現在)
名知 祥:
1)岐阜県メディカルコントロール協議会救急隊員教育部会委員・プロトコール検討部会委員・救急救命士の処置範囲拡大に伴うワーキンググループ委員(~現在)
2)高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン・メディカル委員会委員(~現在)
3)いびがわマラソンメディカル委員会委員(~現在)
4)関市子どもいきき事業講師(~現在)
5)NPO法人岐阜救急災害医療研究開発機構理事(~現在)
6)消防庁救急企画室 救急蘇生ワーキンググループ委員(~現在)
館 正仁:
1)岐阜県医師会 山岳医療に関する医師養成協議会委員(~現在)
報告書
なし
報道
1)小倉真治,豊田泉,吉田隆浩,土井智章,吉田省造,名知祥. 9月9日は救急の日 災害医療、高齢者医療を見直す契機:岐阜新聞(2016年9月9日)
2)小倉真治,今村英仁.(対談)救急医療のレベルを高める2025年に向けて:医学書院 雑誌「病院」(2016年10月号)
プライバシーポリシー サイトマップ

〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1番1
TEL:058-230-6000(代表)