外来診療・病診連携|岐阜大学医学部附属病院 第二内科

外来診療・病診連携|岐阜大学医学部附属病院 第二内科
  1. 診療部門
  2. 外来診療・病診連携

地域に寄り添う、温もりのある医療を。

岐阜大学医学部附属病院は岐阜県唯一の国立大学病院として、この地域の医療の提供とそれを担う人材の育成を行っております。
そのなかで第二内科は循環器内科、呼吸器内科、腎臓内科を中心に診療しております。
地域の、かかりつけ医の先生方とともに、患者様に優しい日常診療を行なっています。

当院は特定機能病院であるとともに、岐阜県唯一の高度救命救急センターとドクターヘリ基地施設でもあります。
附属病院高次救命治療センター内にCCU(心臓疾患集中治療室)を設置し、救急専門医、集中治療専門医と連携して24時間365日全ての疾患に高度な対応をできる体制になっております。
心筋梗塞や急性心不全、急性呼吸不全、急性腎障害といった急性期疾患・重症疾患に対して速やかに対応し、また大学病院として高度で先進的な治療をいち早く地域の患者さんに提供できるようにしたいと考えています。
急性疾患のみならず、慢性心不全や肺癌、慢性腎障害といった慢性期疾患に対しても確かな論拠(エビデンス)に基づいた適切な医療を安全かつ確実に地域の患者さんにお届けし、そこから新たなエビデンスの創出を目指します。

また多職種連携医療の提供を目標に掲げており、医師のみならず、看護師、薬剤師、臨床検査技師、放射線技師、理学療法士、管理栄養士、臨床工学技士、医療相談ケースワーカー、救急救命士とも密接な連携をとっており、患者様を中心に多方面から助けられたらと考えております。

かかりつけの患者様のお困りの症例がございましたら、ぜひご紹介ください。
「自分のからだ」に何かお困りの事がございましたら、どうぞお声掛けください。

ー 地域に根ざす、確かな医療を目指して。ー