ごあいさつ|岐阜大学医学部附属病院 第二内科

ごあいさつ|岐阜大学医学部附属病院 第二内科
  1. ごあいさつ

ごあいさつ(2021)

大倉 宏之 大倉 宏之

 2021年4月、岐阜大学医学部附属病院に「循環器センター」が設立されました。
本センターは循環器内科、心臓血管外科を中心に、多職種で構成されるものです。
岐阜大学の総力を結集して、循環器疾患に対する「高度な医療を提供」することと「断らない医療」に引き続き取り組んでいきたいと思います。また、2020年10月27日に「循環器病対策推進基本計画」が閣議決定されましたことをうけて、岐阜県においても「循環器病対策推進計画」をすすめているところです。我々にとっては大きなターニングポイントとなる1年となります。
 そのような中で、新年度から6名の新しいメンバーを迎えることができました。循環器内科の増田悠人先生と呼吸器内科の酒井千鶴先生は新内科専門医制度による岐阜大学の内科専攻医第一期生として、無事3年間のトレーニングを終え、大学に戻ってきてくれました。
同じく、他病院で内科専攻医としての研修を終えた、呼吸器内科の河江大輔先生も新たに私たちの仲間に加わってくれました。
3人はこれからそれぞれの専門分野で中心的な役割を演じてくれることと思います。また、研究活動や後輩の指導に大いに期待しています。
4月から新専攻医として、一柳肇先生、高井瑞貴先生、栃洞亮太先生の3名が仲間に加わりました。
循環器内科を中心に、内科全般を幅広く学んでいただきたいと思います。そして、呼吸器内科には乾俊哉先生が来てくれました。
東京ですでに10年以上呼吸器内科医としての経験があり、即戦力として期待しています。
 また、同門の明るい話題として、朝日大学病院の大橋宏重教授が第71回岐阜新聞大賞「学術部門」を受賞されましたことをこの場を借りてご報告させていただきます。

循環器内科臨床について

 高度な医療としては、補助循環装置インペラ(Impella(R))が新たに導入され、IABPやPCPS(V-A ECMO)のみでは治療が困難な、重症心不全例で実績を上げています。
診断においては岐阜県唯一となる、FFR-CTの運用が始まりました。同じく、岐阜県唯一となるATTR心アミロイドーシスに対するタファミディス治療の導入についても、広く岐阜県内から患者さんのご紹介をいただいています。
カテーテル治療においては、高度石灰化病変に対する治療法として、従来から行っていたロータブレーターに加えてダイアモンドバック(Diamondback 360°Coronary Orbital atherectomy)も使用可能となり、治療選択の幅が広がりました。
血管内イメージングについては、血管内超音波(IVUS)と光干渉断層法(OCT)を使いわけて最適な治療を行っています。
冠動脈狭窄に対する治療適応については、冠動脈造影による見た目の狭窄度のみならず、機能的狭窄度をFFR, dPR, RFRなどの方法を用いて診断し、適応をきちんと判断したうえで治療を行っています。
 新手術棟の建設が2022年4月からの運用開始に向けて着々とすすんでいます。
循環器専用の1室を含む2室のハイブリッド手術室ができます。そして、ようやく弁膜症等のSHD(構造的心疾患)に対するカテーテル治療が開始できます。
現在は、経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)の開始に向けて、ハートチーム一丸となって準備を進めています。

循環器内科研究について

 高度な医療からは良質なエビデンスの実行・創出が必要です。
エビデンスに基づいた適切な医療を安全かつ確実に地域の患者さんにお届けしつつ、そこから新たなエビデンスの創出を目指します。
呼吸器内科との連携によって、肺がん患者の心血管イベントについての研究が進行しています。
抗がん剤治療の心機能への影響についてもがん治療医と循環器内科医が合同で診療にあたっている私たちならではの視点で検証しています。また、腎臓内科との連携では岐阜県における透析患者さんのレジストリーを構築します。
透析患者においても、心血管合併症のリスクが高いことや治療抵抗例が多いことから、その克服に向けた取り組みとします。そして、新たな取り組みとしては、岐阜大学工学部、教育学部との連携により、AIを用いた医用画像診断に関する研究に取り組んでいます。
これからの発展が期待できる分野です。
Muse細胞を用いた心筋再生に関する研究も継続中です。
現在はいかに自家のMuse 細胞を効率よく誘導できるかを研究中です。
心不全領域での薬物治療の進歩は目覚ましく、さまざまな薬剤が予後改善を来すことがあきらかになりました。しかしながら、いかなる機序で心機能や予後の改善をもたらすかは十分わかっていません。
その領域にも基礎研究で切り込んでいきたいと考えています。

内科医教育・診療の場として

 私たちの教室は循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科を包括した内科学講座です。
当科で内科医としての研鑽を積んでいただければ、内科各領域の経験を積みながら循環器、呼吸器、腎臓内科それぞれの専門分野についても早い時期から研鑽することができますので、まさに新内科専門医制度にもってこいの環境であるといえます。
 循環器内科に関しては、身体所見や心電図、心エコー図といった基本技能から、心臓カテーテル検査、経皮的冠インターベンションからカテーテルアブレーションといった専門的な手技まで幅広く経験してもらい、「総合力」のある循環器内科医となってもらうことができます。
若手医師や検査技師の学習の場として、「心エコーカンファランス」を毎月開催しています。
オンライン化することによって、オープンカンファランスとして広く岐阜県内の検査技師さんや医師にご参加いただいています(県外からの参加ももちろんOKです)。
医局の活動については本ホームページのトップページに表示されているFacebookをご参照ください。
コロナとの闘いはまだまだ続きますが、私たちは進化し続けます。

キャリアパス支援と人間教育

 当科で研鑽した教室員の皆さんにはいろんな分野で大きく羽ばたいていってもらいたいと願っています。
新型コロナ終息のめどが立たず、閉塞感を感じている皆さんも多いのではないでしょうか?そんななかで私たちにできることはなにか、それは自らを磨き続けることです。
それぞれが、専門技能を極める、研究に邁進する、地域医療を支える、医学教育に従事する等、目指す方向は違っても、社会性、人間力をたかめて、信頼される医療人となるべく自らを研鑽し続けることが今こそ必要なのです。
 循環器内科医、呼吸器内科医、腎臓内科医である前に内科医であれ、内科医である前に医師であれ、医師である前に信頼される社会人であれ、それが私の目指す人間教育です。
私たちは全力でそのお手伝いをします。

教授のごあいさつ教授のごあいさつ(2020) 教授就任のごあいさつ教授就任のごあいさつ(2019)

教授就任のごあいさつ(2020)

大倉 宏之 大倉 宏之

 2020年度は新型コロナウイルスパンデミックとという混乱のなかでのスタートとなりました。
私たちは日々感染対策に追われながらも新しい社会、新しい生活様式を模索し続けています。
多くの学会や講演会が中止、延期となる中、今私たちに課せられている課題はいかにして、学びの機会を維持して医学生・若手医師や自分自身をアップデートし続けることができるのかです。
そして、患者さんに対して、最先端の医療を「安全」に提供し続けるにはどうすればよいのかです。
すでにオンライン面談やオンライン会議は日常のものとなり、私たちも医局内の会議やカンファレンス、抄読会、講義などの一部はオンラインへと移行しました。
循環器診療もポストコロナ時代に向けてのターニングポイントに差し掛かってきました。もはや、昔ながらの対面診療から遠隔医療、AI診断といった新しい医療へと移行していく流れは止まることはないでしょう。
ただ、循環器診療の醍醐味は、患者さんを診て、触れて、聞いて、感じる医療です。この醍醐味を維持しながら、新時代の診療へと私たちは進んでいかねばなりません。

循環器内科臨床について

 昨年の就任に際して、「高度な医療を提供」することと「断らない医療」を最優先課題とのべました。
高度な医療としては、岐阜大学附属病院にようやく新手術棟が建設されることが決定し、待望のハイブリッド手術室も併設されます。完成すれば、構造的心疾患(SHD)に対するカテーテル治療が行えることになります。
きたるべき日に備えて私たちハートチームは一丸となってその準備を進めていきます。
また、岐阜県で岐阜大学附属病院のみでしか行えない循環器診療として、ATTR心アミロイドーシスに対するタファミディス治療があげられます。
すでに県内から多くの患者さんをご紹介いただいています。
診断面ではやはり岐阜県唯一の保険診療下でのFFR-CT導入に向けた準備が着々と進んでおります。
 断らない医療の実践にむけては、循環器内科専用の電話回線、ハートコールを開設することになりました。
医療機関から直接循環器内科の当番医に電話がつながりますので、気軽に循環器疾患に関するご相談をしていただくことができます。
関連病院を皮切りに、2000年秋には岐阜県内の大学病院と連携している病院すべてにご案内をさせていただきます。
 高度な医療からは良質なエビデンスの実行・創出が必要です。エビデンスに基づいた適切な医療を安全かつ確実に地域の患者さんにお届けしつつ、そこから新たなエビデンスの創出を目指します。
特に、本年度は呼吸器内科や腎臓内科との講座内連携に力を注ぎたいと考えております。

内科医教育・診療の場として

 私たちの教室、第二内科は循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科を包括した内科学講座ですので、内科医としての研修の場に最適です。
循環器、呼吸器、腎臓内科の各部門がそれぞれ個別にカンファレンスを行いながら診療や研究を行っているだけでなく、毎週すべての新入院患者を医局全体で検討しています。
したがって、いずれの科で入院していても、常に他科の視点も交えて患者の全体像を俯瞰した診療を行うことができます。
第二内科で内科医としての研鑽を積んでいただければ、内科各領域の経験を積みながら循環器、呼吸器、腎臓内科それぞれの専門分野についても早い時期から研鑽することができますので、まさに新内科専門医制度にもってこいの環境であるといえます。
 循環器内科に関しては、身体所見や心電図、心エコー図といった基本技能から、心臓カテーテル検査、経皮的冠インターベンションからカテーテルアブレーションといった専門的な手技まで幅広く経験してもらい、「総合力」のある循環器内科医となってもらうことができます。
手医師や検査技師の学習の場として、「心エコーカンファランス」を毎月開催しています。また、不定期で「心電図勉強会」も行っています。
学生や研修医のうちに「心電図検定」に挑戦する猛者もいます。
外部講師による特別講演もオンラインを活用し行っています。
医局の活動については本ホームページのトップページに表示されているFacebookをご参照ください。

キャリアパス支援と人間教育

 第二内科で研鑽した教室員の皆さんにはいろんな分野で大きく羽ばたいていってもらいたいと願っています。
専門技能を極める、研究に邁進する、地域医療を支える、医学教育に従事する等、人それぞれの道は違っても、共通して願っていることがあります。
それは、社会性、人間力をたかめて、信頼される医療人となってほしいという点です。
 循環器内科医、呼吸器内科医、腎臓内科医である前に内科医であれ、内科医である前に医師であれ、医師である前に信頼される社会人であれ、それが私の目指す人間教育です。
私たちは全力でそのお手伝いをします。

教授就任のごあいさつ(2019)

大倉 宏之 大倉 宏之

2019年1月より岐阜大学大学院医学系研究科 循環病態学分野(第二内科)の教授に着任いたしました、大倉宏之(おおくらひろゆき)と申します。
私の専門分野は、循環器病学全般ですが、なかでもカテーテルインターベンションによる虚血性心疾患への低侵襲治療と心エコー図による非侵襲的診断を臨床・研究の両輪として実践してまいりました。

循環器内科臨床について

近年、循環器病学の領域は大きくすそ野が広がり、かつ専門分化が進んできました。
虚血性心疾患に対するカテーテルインターベンションはすでに成熟した治療となりました。
カテーテルアブレーションは単なる不整脈治療にとどまらず、心不全治療にもなくてはならない治療手技となりました。
弁膜症等の構造的心疾患(SHD)に対するカテーテル治療においては、経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI)につづいて、僧帽弁逆流症に対する弁尖間クリッピング術が保険適応となり、大きな波となって広がりつつあります。
急性心筋梗塞に対する急性期治療の進歩は予後の改善をもたらしましたが、心不全患者は人口の高齢化とも相まって増加の一途をたどり、「心不全パンデミック」と呼ばれるまでになりました。
私たちは、急性心筋梗塞や心不全に対する急性期治療を速やかに対応すること、すなわち「断らない医療」を診療面での最優先課題と考えています。
また、大学病院として高度で先進的な治療をいち早く地域の患者さんに提供できるようにしたいと考えています。エビデンスに基づいた適切な医療を安全かつ確実に地域の患者さんにお届けし、そこから新たなエビデンスの創出を目指します。

内科医教育・診療の場として

2018年から新専門医制度にむけて内科専攻医制度が始まりました。
私たちの教室、第二内科は循環器内科・呼吸器内科・腎臓内科を包括した内科学講座です。その特徴を一言で言うならば、「多様性」です。
呼吸器内科では肺癌、慢性閉塞性肺疾患などに対してテーラーメイドの治療を提供しています。
近年、抗がん剤治療にともなう心血管合併症管理の重要性が叫ばれており、「腫瘍循環器学」という新しい分野が登場しました。
第二内科はそのプラットフォームとしてまさに最適な場です。腎臓内科では腎生検を積極的に行い、原因治療を目指します。透析導入、透析管理においても関連施設も含め、多くの患者さんの診療を行っています。
「心腎連関」という言葉が使われるようになって久しいですが、やはり第二内科はこの領域においても最適の場であるといえます。
以上のごとく、第二内科で研鑽を積んでいただければ、内科各領域の経験を積みながら循環器、呼吸器、腎臓内科それぞれの専門分野についても早い時期から研鑽を積むことができますので、まさに新制度にもってこいです。
循環器内科に関しては、身体所見や心電図、心エコー図といった基本技能から、心臓カテーテル検査、経皮的冠インターベンションからカテーテルアブレーションといった専門的な手技まで幅広く経験してもらい、「総合」循環器内科医となってもらうことができます。

キャリアパス支援と人間教育

その後はさらに専門技能を極める、研究に邁進する、実地医家として地域医療を支える等、それぞれの道にむかって教室員皆が大きく羽ばたいていってもらいたいと願っています。
また、単なる知識や技術だけではなく、社会性、人間性をたかめて、信頼される医療人となってほしいと思います。
循環器内科医、呼吸器内科医、腎臓内科医である前に内科医であれ、内科医である前に医師であれ、医師である前に信頼される社会人であれ、それが私の目指す人間教育です。
私たちは全力でそのお手伝いをします。