優しい手術 地域の医療を守る 手術で治す 優しい手術
HOME > 心臓血管外科

心臓血管外科

心臓血管外科のスタッフ紹介

教授: 土井 潔(日本外科学会指導医・専門医・認定医、日本心臓血管外科専門医・修練指導者、日本胸部外科学会指導医・認定医、医学博士)
准教授: 島袋 勝也(日本外科学会指導医・専門医、日本心臓血管外科学会専門医・修練指導者、日本胸部外科学会認定医、日本脈管学会専門医、日本循環器学会専門医、胸部ステントグラフト指導医・腹部ステントグラフト指導医、医学博士)
講師: 石田 成吏洋(日本外科学会外科指導医・専門医、日本心臓血管外科専門医・修練指導者、日本脈管学会脈管専門医、腹部ステントグラフト実施医、医学博士)
医員: 梅田 悦嗣(胸部ステントグラフト実施医・腹部ステントグラフト実施医)
医員: 小椋 弘樹(日本外科学会専門医)
医員: 三ッ田 翔平
医員: 木股 竜太郎

特色

 心臓血管外科は全身に血液を送るポンプ機能としての心臓と、全身に血液を運ぶ機能を持つ血管(動脈・静脈)の疾患において内科的治療が困難な症例に対し手術による治療を行います。心不全(ポンプ失調)を起こす代表的な心疾患として虚血性心疾患、弁膜症、心筋症などが、代表的な血管疾患として大動脈解離、大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症などがあります。これらの疾患に対し循環器内科と連携し手術の適応や術式について検討し、患者さんに対し最も有益な治療法を決定しております。

主な疾患

虚血性心疾患

 虚血性心疾患とは心臓を栄養する血管(冠動脈)の狭窄・閉塞にて心臓の機能が低下またはその可能性を来す疾患であり、治療法は内科的治療法として薬物治療法とカテーテルを用いた治療法が、外科的治療法として冠動脈バイパス術があります。当科では人工心肺を使用しない心拍動下バイパス手術を積極的に行っており、バイパスの材料は動脈グラフトを第一選択とし、両側内胸動脈、橈骨動脈、胃大網動脈を使用しております。橈骨動脈採取法に関しては、採取範囲に沿って前腕大きな切開線痕を残すこと採取方法が一般的ですが当科では内視鏡を用い、手首に約2cmの切開線のみで採取しております。下肢静脈をグラフトとして使用する症例では特殊な器具を用い皮膚切開線を最小限とする方法にて採取を行っております。

弁膜症

 心臓は4つの部屋で仕切られておりその部屋の間や最後の部屋の出口には逆流防止となる弁がありこれにより血液は一方向に流れております。弁膜症とはこの弁に何らかの病変が起こり狭窄または逆流が起こることで心臓に負担がかかり、放置すれば心不全に至る病気です。重要なことは、必ずしも症状が出現した場合のみ手術の適応となるとはいえず、無症状でも心機能の低下の傾向が認められれば早期に手術を要する場合もあります。皮膚切開は小切開アプローチを基本として人工弁置換術と自己弁温存手術を行っております。僧帽弁逆流症に対しては基本的に自己弁を温存する弁形成術を積極的に行い良好な結果を得ております。

胸部大動脈瘤(真性及び解離性)

 胸部真性動脈瘤は最大径6cmを超えると破裂の可能性が高くなるため手術適応となります。上行大動脈に病変が及んだ急性大動脈解離(Stanford A)は重篤な心臓、脳卒中による合併症の可能性が高く原則緊急手術適応です。この領域の手術侵襲は他の手術よりも大きく、それに伴う合併症も多く、特に脳合併症の予防が非常に重要です。当科では弓部置換術において脳合併症を低くするために考案したオリジナルの樹枝状血管を使用し良好な結果を得ております。また、2010年9月より胸部ステントグラフト内挿術治療(TEVAR)を開始しました。当初は頚部や腹部分枝再建の不要な下行大動脈瘤が適応でしたが、現在はハイリスク患者の弓部や胸腹部動脈瘤症例に対しては頚部や腹腔臓器分枝動脈にバイパスした後、瘤の部分をステントグラフトでcoverするdebranching TEVARを行っております。

腹部大動脈瘤

 腹部大動脈瘤の手術適応は原則最大径5cm以上としています。これ以上の大きさでは破裂の可能性があります、破裂した場合、極めて重篤な状態となり救命困難となる可能性が高く早期の手術をすすめます。治療方法としてヽ腹による人工血管置換術∧部大動脈ステントグラフト内挿術があります。腹部大動脈瘤に対する治療は原則人工血管置換術を第一選択としておりますが、超高齢者、呼吸機能障害、担癌患者、腹部の複数回手術既往歴患者などのハイリスク患者や希望者に対しては腹部大動脈ステントグラフト内挿術を選択しております。現在、当科での腹部大動脈ステントグラフト内挿術の症例数は東海地区でも屈指の症例数を誇っております。

閉塞性動脈硬化症

 粥状硬化病変により腹部大動脈または四肢の主要動脈が狭窄または閉塞し、四肢が慢性の循環不全をきたす疾患で喫煙の影響が大きいといわれております。自覚症状として、四肢冷感や歩行により下腿筋に疲労感・疼痛が生じ、休息により症状は軽減し再度歩行が可能となる間欠性跛行があります。治療法としては運動療法、薬物療法、ステント治療や外科手術があります。間欠性跛行の増悪や安静時痛はステント留置またはバイパス手術の適応です。

岐阜大学大学院医学系研究科病態制御学講座 高度先進外科学分野(第1外科)