岐阜大学位山演習林

位山演習林の概況

位山演習林の沿革

岐阜大学農学部附属演習林は、1937(昭和12)年3月、 山林局大阪大林区署から551haの林野を岐阜高等農林学校に管理移管し設置された。 1949年岐阜大学農学部への改組にともない、同学部附属の演習林として現在にいたっている。 学生宿舎、管理舎などの施設は1939年に完成し、現在の施設は1970年に改築されたものである。

位山演習林の地理的情報

演習林の所在地は、岐阜県益田郡萩原町山之口で、 東経137°12′14″~137°14′10″、北緯 35°58′40″~36°01′06″の範囲に位置しており、 船山(標高1,479.5m)の南西斜面に広がっている。  林野面積は553ha、うち立木地面積が545haである。 標高は、演習林事務所が750m、森林は825~1451mに分布している。 最高点は船山の山頂近くで、ここを源流域とする真ノ俣洞がもっとも深い谷を形づくり、 船山から島脇谷山(標高1,324.9m)を結び南北に走る稜線から西に流れ出る釜木洞、 島木洞、カクラ洞などの小渓流が複雑な地形をつくりだしている。

位山演習林の気候

演習林事務所付近では、冬の最低気温は-10℃前後、夏の最高気温は30℃前後である。 全体には冷涼だが、年間降水量は約2,500mm。 冬期の積雪量は、事務所付近で0.5~1m、林内で1~1.5mに達する。  地質は、濃飛流紋岩を基岩とし、褐色森林土を主とした土壌に覆われている。 ただし、地形が急峻なため土壌は浅い。

概要図

クリックすると大きくなります

施設利用

岐阜大学位山演習林は研究、調査、その他活動のためにご利用いただけます。宿泊施設は50名まで宿泊可能です。 詳しいご利用方法については下記を御覧ください。

■ 教育研究支援 ■

岐阜大学位山演習林宿舎

最大宿泊人数:50名

自炊施設完備

ご利用手続き

入山許可願い・宿泊施設利用申込書をご提出下さい

詳しいご利用方法については下記を御覧ください

■ 教育研究支援 ■

アクセス・お問い合わせ

〒509-2501
岐阜県下呂市萩原町山之口 岐阜大学応用生物科学部附属 岐阜フィールド科学教育研究センター 位山演習林
TEL.0576(54)1611
FAX.0576(54)1477
e-mail: ensyurin@gifu-u.ac.jp