沿革

柳戸農場沿革

1923年 岐阜高等農林学校の創設に伴い、実験・実習農場が設置された。
1944年 岐阜農林専門学校附属農場に名称変更。
1949年 法律第150号国立学校設置法の公布により、岐阜大学農学部附属農場が設置された。
1963年 家禽畜産学科の新設に伴い、養鶏特殊施設が設備された。
1982年 大学統合移転年次計画に基づき統合地(岐阜市柳戸地区)に圃場施設の整備(3ヵ年計画)が始まった。
1983年 各務原農場は岐阜市柳戸地区に移転を開始した。
1984年 柳戸地区での業務を開始。柳戸地区農場の名称を柳戸農場とした。柳戸農場施設の整備完了を伴い、各務原農場の移転が完了した。
1998年 農学部技術部を発足。
2004年 附属農場と附属演習林が統合して応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センターを設置。

美濃加茂農場沿革

1931年 加茂郡和知村(現在 美濃加茂市牧野)に畜力による大型農耕田を目的とした特殊農場が設置された。
1965年 美濃加茂農場に名称変更。
1998年 農学部技術部を発足。
2004年 附属農場と附属演習林が統合して応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センターを設置。

位山演習林沿革

1937年 大阪大林局(現在営林局)から岐阜高等農林学校に管理移管し設置された。
1949年 岐阜大学農学部に改組され同学部附属の位山演習林に名称変更。
1998年 農学部技術部を発足。
2004年 附属農場と附属演習林が統合して応用生物科学部附属岐阜フィールド科学教育研究センターを設置。