フェローシッププログラム
Fellowship Program

フェローシッププログラムについて

フェローシッププログラムは、自身の教育実践を振り返り、受講者間で意見交換をしながら医療者教育について学ぶオンラインコースの「メドギフト」の修了と医学教育セミナーとワークショップの一定の単位を履修して認定される「アソシエイト」になることで、「MEDCフェロー」に認定されるプログラムです。つまり、メドギフトの修了とアソシエイト認定がフェロー認定の要件となります。

「メドギフト」コースの特色

熟達化、学習方法、学習者評価、プログラム設計に関する基本を、約4か月間のコースの中で、自身の教育実践の省察や受講者との相互支援的な議論と課題作成を通して学びます。

医育機関に所属する教育者ならどなたでも参加可能です。多職種の受講者と議論・意見共有することで、様々な観点から「医療者教育」を学べる場となっています。

忙しい医療系機関の指導者や医療系大学の教員が働きながらでも学べるオンライン学習とワークショップの受講を組み合わせたプログラムです。

メドギフトの履修は、アソシエイトに認定される前からでも開始できます。

受講申し込み

「メドギフト2022」の参加者を募集いたします。

受講システム
申込はこちら

MEDCフェロー認定申請

アソシエイト認定を受け、かつ、メドギフトを修了された方で、フェロー認定をご希望される方はメールでお申し込みください。

医学教育共同利用拠点:岐阜大学 医学教育開発研究センター(MEDC)

〒501-1194 岐阜県岐阜市柳戸1-1 TEL:058-230-6470 / FAX:058-230-6468

E-mail:medc※gifu-u.ac.jp ※を@に変更してお送りください。