本文へスキップ

研究支援SUPPORT

極微世界からナノテクノロジーを支える最先端分析機器の提供

CEO

機器分析分野では、現在、精密分子構造解析・表面分析など本学における研究の高度化推進を支援しています。本センターの機器を利用することにより、新規機能性材料・有機化合物・生体分子の解析が日々行われています。また、地域の企業の研究者などが本センターを利用できる体制づくりの検討を進めています。ナノテク分野として、微細空間を利用する分離技術・ナノポーラス高性能半導体の設計・生体微細構造の分析・微空間反応場の創製などへの研究支援に取り組んでいます。また、タンパク質や複合糖質のような重要な生体分子の構造解析・細胞認識・抗生物質の機能解明などライフサイエンスに関わる分野においても精力的な研究活動が実践されています。


最新機器分析技術情報拠点として教育・研究支援への展開

CEO

機器の操作・メインテナンス・トラブル処理・安全管理・運転日誌の管理・利用予約の整理・ユーザーとの対応・利用者講習会の実施・指導・マニュアルの作成等は、専任教員、技術職員、協力員によって行われています。機器ごとに複数の協力員が置かれ、講習会の講師・ユーザーミーティング・メーカーとのパイプ役を勤めるなどすべての機器が最善の状態で測定できるよう技術支援が行われています。今日の著しい科学技術の発展は異なる分野の手法や考え方の融合の中から多く生まれています。当機器分析分野では、異分野の研究者同士の交流が行われ、最新機器分析技術などの情報入手が可能な拠点としてその中核的役割を担っています。


最新分析機器を学外の方に開放しています!

国立大学法人岐阜大学として、開かれた大学を目指し、平成16年8月より当センター機器分析分野にある大型精密分析機器の利用した受託試験・受託測定を受け付けております。
 あくまで、学内利用を優先させていただきますが、機器の利用可能な状況および受託試験・受託測定を担当して頂ける先生方の日程が調整し、学外の方の要請にできる限りお答えするよう努力させていただきます。
利用の流れや取り扱い要項など詳細については、このホームページもしくは、下記問合わせ先までお問合せください。
 本制度の趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようご案内申し上げます。

問合わせ先:
岐阜大学 生命科学総合研究支援センター 機器分析分野
501−1193 岐阜市柳戸1-1
電話:058−293−2035,FAX:058−293−2036
E-mail: kiki@gifu-u.ac.jp
http://www1.gifu-u.ac.jp/~lsrc/dia


バナースペース

  • 学内専用
  • 施設利用方法
  • 機器利用方法
  • 予約・マニュアル等
  • 料金
  • 学内機器(紹介のみ)
  • 生命科学総合研究支援センター
  • ゲノム研究分野
  • 嫌気性菌研究分野
  • 動物実験分野
  • RI実験分野
  • 抗酸化研究部門
  • 学外共同利用施設
  • 大学連携研究設備ネットワーク

問い合せ先

岐阜大学
生命科学総合研究支援センター
機器分析分野
〒501-1193
岐阜県岐阜市柳戸1-1

E-mail:kiki@gifu-u.ac.jp
TEL 058-293-2035