アイオノマー研究会



                          事務局:岐阜大学工学部 三輪洋平(2018年4月より:連絡先はリンク参照)


  -更新履歴-  
2019/10/02
第32回シンポジウム(2019年11月14日(木)13:00〜)の参加費を一般1,000円、学生無料に変更しました(本年度シンポジウム概要をご覧ください)。

2019/8/10
第32回シンポジウム(山形大学東京サテライト・JR田町駅から直ぐ)のプログラムを掲載しました。


2018/11/26
研究会幹事の佐々木大輔氏が研究開発部チーフを務める三栄興業が、アイオノマー材料にもなりうる両末端反応性ポリプロピレンのの量産化に乗り出すと発表。11月13日の「化学工業日報」に掲載。

2018/11/15

第31回シンポジウム(山形大学東京サテライト)は、お陰様で58名の参加を得て、盛会理に終了しました。野呂篤史先生(名大)、松葉豪先生(山形大)、清水貴広氏(三井・デュポン)よりご講演を頂きました。岐阜大院工の倉地寿乃介氏がMDP賞を受賞しました。

  -写真の説明-  

2018年度第31回シンポジウム終了後の集合写真
(2018年11月15日)


管理人 岐阜大学 沓水