池田 将 (Masato Ikeda) CV in English

“ikeda”

researchmap Research gate google scholar

所属/Current Position

岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 生命化学コース 教授
(2022年度 連合創薬医療情報研究科 創薬科学専攻 専攻長)
(2022年度 化学・生命工学科 生命化学コース,生命科学・化学専攻 就職担当教員)

岐阜大学大学院 自然科学研究科 生命科学・化学専攻 化学・創薬領域(兼任)
岐阜大学大学院 連合創薬医療情報研究科 創薬科学専攻(兼任)
岐阜大学 Guコンポジット研究センター(兼任)
名古屋大学 未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所(兼任)
東海国立大学機構 糖鎖生命コア研究拠点(iGCORE)
岐阜大学 糖鎖生命コア研究所(iGCORE) 糖鎖分子科学研究センター(iGMol)(兼任)

専門分野 / Research Field

  • 超分子化学 / Supramolecular Chemistry
  • ナノバイオ材料 / Nanobiomaterials
  • 人工細胞 / Artificial Cell
  • 分子ロボティクス / Molecular Robotics

略歴

  • 2002年-2003年 九州大学大学院 工学府・日本学術振興会(JSPS)特別研究員(DC2)
  • 2003年-2004年 ルイ・パスツール大学 I.S.I.S.研究所・JSPS特別研究員(PD)
    (Jean-Marie Lehn Lab)
  • 2004年-2006年 JST ERATO八島超構造らせん高分子プロジェクト・博士研究員
  • 2006年-2007年 九州大学大学院 工学府・特任助教(新海研究室)
  • 2007年-2012年 京都大学大学院 工学研究科・助教 (浜地研究室)
  • 2010年-2012年 京都大学 物質-細胞統合システム(iCeMS)・連携助教(併任)
  • 2012年-2016年 岐阜大学 工学部・准教授(北出研究室)
  • 2016年-2017年 岐阜大学 工学部・准教授(Principal investigator)
  • 2017年-現在 岐阜大学 工学部・教授(Principal investigator)
  • 2019年 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科 生命化学コース コース長
  • 2019年 岐阜大学大学院 自然科学技術研究科 生命科学・化学専攻 専攻長
  • 2020年-2022年 岐阜大学大学院 連合創薬医療情報研究科 創薬科学専攻 専攻長
  • 2022年度 化学・生命工学科 生命化学コース,生命科学・化学専攻 就職担当教員

  • (兼任等)
  • 2012年-現在 岐阜大学大学院 連合創薬医療情報研究科(兼任)
  • 2016年-2022年 岐阜大学 生命科学研究拠点 生命の鎖統合研究センター(G-CHAIN)(兼任)
  • 2018年-現在 岐阜大学 Guコンポジット研究センター(兼任)
  • 2019年-現在 名古屋大学 未来社会創造機構ナノライフシステム研究所 招へい教員(客員教授, 2020年-兼任)
  • 2020年-現在 東海国立大学機構 糖鎖生命コア研究拠点(iGCORE)(兼任)
  • 2021年-現在 岐阜大学 糖鎖生命コア研究所(iGCORE) 糖鎖分子科学研究センター(iGMol)(兼任)

  • (非常勤講師)
  • 2017年 鳥取大学 非常勤講師
  • 2018年 名古屋工業大学 非常勤講師
  • 2018年 名古屋大学大学院 工学研究科 非常勤講師
  • 2020年 名古屋市立大学大学院 共同ナノメディシン科学専攻 非常勤講師
  • 2020年 高知大学 理工学部 非常勤講師

    • (学歴等)
    • 1998年 九州大学工学部応用物質科学科卒業
    • 2000年 九州大学大学院工学研究科物質創造工学専攻修士課程修了
    • 2002年 九州大学大学院工学府物質創造工学専攻博士課程修了
    • (1994年-1998年 帝京育英財団奨学生)
    • (1994年-1998年 愛媛県奨学生)
    • (1998年-2000年 日本育英会奨学生)
    • (2000年-2002年 伊藤謝恩育英財団奨学生)

      • 博士(工学) (九州大学)・2002年12月24日

      所属学会

      • 日本化学会、高分子学会、アメリカ化学会、バイオインダストリー協会、日本DDS学会、
      • 日本薬学会医薬品化学部会、フロンティア生命化学研究会、ホスト-ゲスト・超分子化学研究会
      • 日本ケミカルバイオロジー学会、無細胞生命科学研究会、アメリカペプチド学会

      委員歴

      • 2019年-現在 日本ケミカルバイオロジー学会 世話人
      • 2018年-現在 Polymer Journal, Associate Editor
      • 2018年-現在 日本化学会 CSJ化学フェスタ実行委員会 委員
      • 2017年-現在 日本薬学会 医薬化学部会 創薬人材育成事業 東海地区世話人
      • 2018年 日本ケミカルバイオロジー学会 2019 実行委員
      • 2015年-2017年 日本化学会東海支部 化学教育協議会

      表彰・受賞等

      • ・平成24年(2012年) 日本化学会 進歩賞
      • ・平成26年(2014年) 化学・生物素材研究開発奨励賞(バイオインダストリー協会)
      • ・平成27年(2015年) 文部科学大臣表彰 若手科学者賞

      主な研究プロジェクト / Recent Research Grant

      • ・科研費・基盤研究(A) 分子ロボティクスによる糖尿病モデルマウス血糖値制御法の研究 (H29-31,分担)
      • ・科研費・基盤研究(B) 化学反応性人工分子-生体分子ハイブリッド型分子スイッチの開発 (H27-29,代表)
      • ・科研費・新学術領域研究「感覚と知能を備えた分子ロボットの創成」
          公募研究  ナノ構造体の構造変化を利用した分子ロボットの形態変化(H27-28,代表)
      •   公募研究  分子ロボットの骨格となるナノ構造体の開発と高機能化(H25-26,代表)
      • ・科研費・若手研究(A) 化学反応を駆使した自己組織化材料のナノバイオ工学(H23-24,代表)


      代表論文 / Selected Publications

      "Installing logic-gate response to a variety of biological substances in supramolecular hydrogel-enzyme hybrids"
      Masato Ikeda, Tatsuya Tanida, Tatsuyuki Yoshii, Kazuya Kurotani, Shoji Onogi, Kenji Urayama, Itaru Hamachi

      Nature Chem., 6 (6), pp.511-518 (2014).  “Web”


      "Heat-induced morphological transformation of supramolecular nanostructures by retro-diels-alder reaction"
      Masato Ikeda, Rika Ochi, Yu-shi Kurita, Darrin J. Pochan, Itaru Hamachi

      Chem. Eur. J., 18 (41), pp.13091-13096 (2012).  “Web”


      "Montmorillonite-supramolecular hydrogel hybrid for fluorocolorimetric sensing of polyamines"
      Masato Ikeda, Tatsuyuki Yoshii, Toshihiro Matsui, Tatsuya Tanida, Harunobu Komatsu, Itaru Hamachi

      J. Am. Chem. Soc., 133 (6), pp.1670-1673 (2011).  “Web”


      "Fluidic supramolecular nano-and microfibres as molecular rails for regulated movement of nanosubstances"
      Shun-ichi Tamaru, Masato Ikeda, Yusuke Shimidzu, Shinji Matsumoto, Shoji Takeuchi, Itaru Hamachi

      Nature Commun., 1 20 (2010).  “Web”


      "Instantaneous inclusion of a polynucleotide and hydrophobic guest molecules into a helical core of cationic β-1,3-glucan polysaccharide"
      Masato Ikeda, Teruaki Hasegawa, Munenori Numata, Kouta Sugikawa, Kazuo Sakurai, Michiya Fujiki, Seiji Shinkai

      J. Am. Chem. Soc., 129 (13), pp.3979-3988 (2007).  “Web”


      "A luminescent poly(phenylenevinylene)-amylose composite with supramolecular liquid crystallinity"
      Masato Ikeda, Yoshio Furusho, Kento Okoshi, Sayaka Tanahara, Katsuhiro Maeda, Shunsuke Nishino, Tatsuo Mori, Eiji Yashima

      Angew. Chem. Int. Ed., 45 (39), pp.6491-6495 (2006).  “Web”


      "Construction of double-stranded metallosupramolecular polymers with a controlled helicity by combination of salt bridges and metal coordination"
      Masato Ikeda, Yoshie Tanaka, Takashi Hasegawa, Yoshio Furusho, Eiji Yashima

      J. Am. Chem. Soc., 128 (21), pp.6806-6807 (2006).  “Web”


      "Hierarchical self-assembly of a bow-shaped molecule bearing self-complementary hydrogen bonding sites into extended supramolecular assemblies"
      Masato Ikeda, Tadahito Nobori, Marc Schmutz, Jean-Marie Lehn

      Chem. -Eur. J., 11 (2), pp.662-668 (2005).  “Web”


      "Unusual emission properties of a triphenylene-based organogel system"
      Masato Ikeda, Masayuki Takeuchi, Seiji Shinkai

      Chem. Commun., 2003 (12), pp.1354-1355.  Web


      表紙 / Journal Covers

      ACIEACIEACIEACIE ACIE

kokki kokki

関連リンク

“GU”

“GNST”

“g-chain”

“g-chain”

“NLS”

岐阜大学工学部化学・生命工学科

岐阜大学大学院
連合創薬医療情報研究科

“pj”/


(御指導頂いた先生の研究室)
崇城大学 新海・田丸研究室

京都大学 浜地研究室

Strasbourg University I.S.I.S.,
Jean-Marie Lehn Lab

名古屋大学 八島研究室

NIMS 竹内グループ

愛知工業大学 北出研究室


研究室所在地・連絡先

〒501-1193 岐阜県岐阜市
柳戸1−1 E710
岐阜大学工学部化学・生命工学科
Tel: 058-293-2639