岐阜大学が育成したこだわりのインテリアグリーン “フェアリーウィング”
Fairy Wing  “ フェアリー ウィング ”



Fairy Wing の栽培方法
水はいつ与えたら良い?
Fairy Wing は水が大好きです。
●春から秋にかけて
   毎日「ぐい呑み
」一杯程度を与えるか、2〜3日おきに、鉢の下から水が流れるほどタップリと与えて下さい。
●冬の暖房のある室内
   2〜3日おきに「ぐい呑み」一杯程度を与えるか、1週間おきに、鉢の下から水が流れるほどタップリと与えて下さい。
●冬の玄関先などの寒いところ
   2週間に一度、鉢の下から水が流れるほどタップリと与えて下さい。
肥料は与えなくても大丈夫?
肥料保ちの良い培養土を使っていますので、購入後、半年間は肥料はいりません。
半年後に、粒状の化成肥料を「ひとつまみ」与えて下さい。
 【★葉色がうすくなったり、下の葉が黄色になったら、肥料の与え時です!】
どこに置いて鑑賞したら良い?
Fairy Wing は直射日光が大嫌いです。
直射日光が当たらない室内で鑑賞しましょう。
新聞が読める程度の明るさがあれば、置き場所を選びません。
寒いところでも大丈夫?
Fairy Wing は耐寒性(寒さに強い性質)があります。
最低気温が5℃以上あれば、冬の寒さも耐えることが出来ます。
水を切らして、葉がしおれ始めてしまった!
Fairy Wing は葉が厚く、乾燥に強い性格です
タップリと水をあげると復活するので、試してみて下さい。
蛍光灯しか当たらない昼間のオフィスでも大丈夫?
Fairy Wing は、蛍光灯のような人工照明だけでも元気に成長します。
少々葉が徒長ぎみ(間延びした状態)になりますが、枯れることはありません。
花が終わって緑色になってしまった!
Fairy Wing は花粉が出ないので、実を着けません。
緑色のまま鑑賞していただいても構いませんし、気になるようでしたら、花の根元からハサミで切り取って下さい。
植え替えはしなくても大丈夫?
購入後、次の5〜6月に花が咲くまで植え替えはしなくて構いません。
次の花が咲き終わったら、一回り大きな鉢に植え替えてあげましょう。
培養土は、市販の園芸培養土で十分です。
6月に再度開花します。お買いあげ後に再び咲かせる楽しさを味わってください





TOPページへ 岐阜大学広報誌岐大のいぶき(No.24) 福井博一教授のHP  岐阜大学のHP

特徴 管理方法 楽しみ方 アイテム リンク
Copyright 2013 Gifu University All Rights Reserved.