専攻の内容

生物生産科学専攻


コルヒチン処理により作出された
四倍体トレニアの調整

作物の肥培管理及び家畜の飼養管理,動植物の栄養,保護,遺伝育種,生産物の利用,農林畜産業の経営,経済及び物的流通に関する諸分野を総合し,第1次産業としての植物及び動物の生産から消費者への供給に至るまでの全過程に関する学理と技術に関する諸問題を教育・研究する。

生物環境科学専攻

生物生産の基礎となる農地及び林野を造成し,これを良好な状態に維持し,災害を防ぎ,荒廃から守ることは現時点においても長期的展望からもなおざりにできない重要課題である。特に,最近国際的にも種々の角度から論議されている地球規模の環境問題には,農業の領域に含まれるものが少なくないことには注目しなければならない。この分野には,無機的環境に関する諸問題を物理的及び化学的手法によって考究する側面と,その環境に生息する生物群集に関する諸問題を,生態学的しくみに基づいて解明する側面とがある。

生物資源科学専攻


FPLCによるタンパク質精製

動物,植物,微生物等の生物資源とその生産基盤である土壌について,その組織・構造・機能を物理化学,化学,生化学,生物学など多面的,総合的立場から解析することによって,生物資源並びに生命機能に関する学理を究め,さらに生物工学の基礎研究を行い,未利用資源を含めた生物資源の構造と機能の解明,より高度な加工・利用,新機能の創生及び廃棄物処理に関する原理と技術について教育・研究する。

研究科について

ページトップ