HOME受賞

受賞

石其慧太, 北口公司,矢部富雄 (2016).ペクチンによるパイエル板細胞の炎症性サイトカイン発現の制御. 日本食物繊維学会第21回学術集会発表賞
Noriaki Nakajima, Kazuya Doi, Sae Tamiya, and Masato Yayota (2016).Physiological and immunological differences in cattle under grazing or confinement condition. 14th International Symposium of Integrated Field Science. Best Presentation Award

八神なほ子, 小西美紅, 玉井秀樹, 植木章晴, 今村彰宏, 安藤弘宗, 石田秀治, 木曽真 (2015). 2,3-環状保護糖供与対を用いた立体選択的グリコシル化の検討. 第12回「若手の力」フォーラム 2015年糖鎖科学中部拠点奨励賞

Nahoko Yagami, Miku Konishi, Hideki Tamai, Akiharu Ueki, Akihiro Imamura, Hiromune Ando, Hideharu Ishida, and Makoto Kiso (2015). 1,2-trans-Selective glycosidation using novel bicyclic glycosyl donors. The 4th UGSAS-GU INTERNATIONAL SYMPOSIUM 2015. Best Poster Award

望月貴治,水永博己(2015).苗場山における環境勾配に伴うブナ個体内の葉群分布の特性と受光機能. 第126回日本森林学会大会 学生ポスター賞
◇中野友貴,大橋聖,楠和隆時澤睦朋,山本義治,井内聖,小林正智,小山博之,小林佑理子(2014).シロイヌナズナにおけるアルミニウム及び低pH耐性のゲノムワイド関連解析. 日本土壌肥料学会 2014年度年会優秀ポスター賞
沖田一郎, 土田浩治(2015), 独立したオス系統を内包するハダカアリ種群 Cardiocondyla kagutsuchi complex. 第62回生態学会大会ポスター賞優秀賞
Muhammad Navis Rofii, Shuto Kubota, Yoichi Kojima, Shigehiko Suzuki (2014). Effect of Temperature Behavior Inside The Mat During Hot Pressing on Properties of Wood-Based Panels. The 3rd Forest Science Forum and the 12th Pacific Rim Bio-Based Composites Symposium. Excellent Poster Award
Kosei Yamauchi,Tohru Mitsunaga (2014). Bioactivity of polyphenolic compounds in B16 melanoma cells. The 3rd UGSAS-GU Symposium, UGSAS-GU & BWEL Joint Poster Session. Best Poster Award
Yusuke Kawai (2014). Mixture of Species in Thickets Affects Penetrated Light Fleck.  9th IUFRO Conference on Uneven-Aged Silviculture. Best Poster Award
Pham Thu Ha (2013). Agro-ecological analysis of inter-regional variation of Tree-Rice ecosystem in Lower Mekong basin. International Seminar on Global and Regional Environmental Issues. Best Presentation Award

川井祐介 (2013). 低木・草本種と競争するアカガシ稚樹の成長シミュレーション -確率論的アプローチを用いた光の時空間変異評価―. 第124回日本森林学会学生ポスター賞

Kosei Yamauchi, Azusa Kanai, Tohru Mitsunaga, Irmanida Batubara (2013). TNF-α production inhibitory activity of goniothalamin derivatives from Goniothalamus macrophyllus. The Fifth International Symposium of Indonesian Wood Research Society. Best Oral Presentation Award
Khandra Fahmy, Kohei Nakano(2013), The individual and combined influence of low oxygen and high carbon dioxide on suppression of chilling injury in cucumber fruits. ASEAN Regional Conference on Food Security 2013. BEST AWARD POSTER
時澤睦朋, 小林安文, 小林佑理子, 山本義治, 小山博之(2013), アルミニウム応答性リンゴ酸トランスポーターALMT1遺伝子の転写制御機構の解析. 日本土壌肥料学会2013年度名古屋大会ポスターセッション優秀ポスター賞
近藤美麻, 伊藤健吾, 千家正照(2013), ビオトープ池におけるイシガイ科二枚貝4種の個体群変動. 平成25年度農業農村工学会優秀ポスター賞
鈴木達哉,(2013), セレン標識糖鎖の合成と糖鎖-蛋白質複合体の立体構造解析への応用. 第15回日本糖質学会ポスター賞
小笠原利恵, 福井博一(2012), 「倍数体形成技術」 による岐阜県独自の観葉植物(スパティフィラム)の新品種 「フェアリーウィング」. 2012年フェンロー国際園芸博覧会(フロリアード2012)金賞.
鈴木達哉, 安藤弘宗, 牧尾尚能, 山田悠介, 加藤龍一, 若槻壮市, 石田秀治, 木曽真(2012). 糖鎖-タンパク質複合体のX線結晶構造解析を加速するための新しい糖鎖プローブの開発. 糖鎖科学中部拠点第10回「若手の力」フォーラム, 2012年糖鎖科学中部拠点奨励賞.
    西田光貴 (2012).細胞表面ヘパラン硫酸の食品中機能性成分探索ツールへの活用. 第60回 日本応用糖質科学会中部支部 総会・講演会 プレゼンテーション賞.
Mingzhu Li, Takahiro Asano, Haruhisa Suga, Koji Kageyama (2011). Development of multiplex PCR for the detection of Phytophthora nicotianae and P. cactorum, and a suvey of their occurrence in the main strawberry production areas of Japan. Asian Mycological Congress 2011 in Korea. 2011年アジア菌学会ポスター発表賞.
    小林安文, 小山博之 (2010). 細胞膜表面イオン活動度推定プログラムを用いたシロイヌナズナのアルミニウム耐性機構に関する研究. 第43回日本無菌生物ノートバイオロジー学会総会 会長奨励賞.
◇ 田原聡恵, 中村晋平, 前野和也, 山本祐也, 棚橋光彦, Siaw Onwona-Agyeman (2010).高圧水蒸気圧縮成形法による砂漠緑化資材の開発.第60回日本木材学会大会優秀ポスター賞.
中山広之 (2010).ニワトリの下垂体前葉における副腎皮質刺激ホルモン分泌に及ぼすカルシトニンの効果.日本家禽学会2010年度春季大会 優秀発表賞.
皆川至,高力宙,佐方醍,柴田昌利,与語圭一郎,河原崎達雄,高坂哲也(2010).ブタ精巣で発現するリラキシン関連因子(RLF)は生物活性を持った前駆体として単離され、内分泌、傍分泌または自己分泌因子として機能する.第103回日本繁殖生物学会大会 優秀発表賞(ポスター発表部門)
中島慎也 (2009). ラクト及びガングリオ系二系列を同一分子中に有するハイブリッド型ガングリオシドの全合成. 第29回日本糖質学会年会 ポスター賞.
◇ 田原聡恵, 中村晋平, 薩如拉, 前野和也, 棚橋光彦 (2009).横型圧縮成形装置を用いた砂漠緑化資材の開発.第59回日本木材学会大会優秀ポスター賞
市原 実, 丸山啓輔, 足立行徳, 山下雅幸, 澤田 均, 石田義樹, 稲垣栄洋, 浅井元朗(2009).農地の生物多様性がもたらす雑草種子捕食サービスの定量化―対照的なランドスケープでの比較.日本生態学会第56回大会.ポスター賞「景観生態」分野(優秀賞).
市原 実, 山下雅幸, 澤田 均, 石田義樹, 稲垣栄洋, 木田揚一, 浅井元朗(2009).コムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギの埋土種子動態と出芽パターン‐耕起および不耕起圃場の比較.日本雑草学会第48回大会.ベスト講演賞.
今井香代子, 光永徹, 竹本裕之, 山田利博, 伊藤進一郎, 大橋英雄 (2009). Extractives of Quercus crispula sapwood infected by the pathogenic fungi Raffaelea quercivora (I) : Comparison of sapwood extractives non-infected and infected. 平成21年度日本木材学会論文賞

 

受賞

ページトップ