2015年9月の日記 of 岐阜大学 人獣共通感染症学研究室のホームページ

2015.9.14-9.17

狂犬病診断実習:鳥取大学獣医学科5年生が岐阜大学を訪問

CIMG3947.jpg教壇に立つ杉山先生。狂犬病を理解することで公衆衛生の大切な部分が見えてきます。
鳥取大学との連携教育の一環として、鳥取大学獣医学科の5年生が「公衆衛生学実習」を岐阜大学にて受講しました。具体的には、狂犬病の診断実習を行いました。日本における狂犬病の防疫対策の現状と課題についてワクチンの側面から考えました。鳥取大学の皆さん、またどこかでお会いしましょう。

CIMG3980.jpg伊藤先生による実演。学生の皆さんの真剣さが伝わってくる写真です。CIMG4003.jpg学生交流会の最後に撮影される、恒例の集合写真。少し傾いてしまっているのが玉に傷です。

2015.9.7-9.9

獣医学会@北里大学(青森県十和田市)

CIMG3938.jpgこういう写真を撮るとき、どうしてもこうなってしまう学生の面々。エンターテイナーの血が流れる当研究室の教員の影響でしょうか。
青森県十和田市にある北里大学で開催された獣医学会に参加、発表してまいりました。嬉しいニュースとしては、大学院生の中川君の発表に対し、「公衆衛生分科会奨励賞」が授与されました。中川君だけでなく、みんなにとって想い出深い学会となりました。

CIMG3943.jpg奨励賞の授与式。緊張感の伝わるお辞儀ですね、中川君。

milk_btn_pagetop.png

milk_btn_prev.png

milk_btn_next.png