研究紹介TOP of 岐阜大学 人獣共通感染症学研究室のホームページ

人獣共通感染症学研究室の研究内容

狂犬病ウイルスの研究

狂犬病とは?

rapid dog2.jpg狂犬病を発症した犬(タイ)、 写真提供:源宣之先生
①病原体:狂犬病ウイルス→全ての哺乳類に感染(犬だけではない!)
②感染動物の唾液中のウイルスが咬傷から侵入し伝播成立
③重篤な神経症状を伴う脳炎(発症後の致死率:ほぼ100%、治療法なし
全世界に広く分布(日本などの一部の国を除く)
⑤年間の推定死者数:5.5万人(発展途上国を中心に)
ワクチン接種により予防可能
a.暴露前免疫=予防接種、b.暴露後免疫:感染動物に咬まれた直後より集中的なワクチン接種

そこで当研究室では…LinkIcon

ロタウイルスの研究

ロタウイルス感染症とは?

PO-13マウス下痢.jpg実験的にトリロタウイルスに感染し、下痢を発症した哺乳マウス(種間伝播の一例)
①病原体:ロタウイルス→鳥類およびほぼ全ての哺乳類に感染
②急性胃腸炎による重篤な下痢(主に乳幼児・幼若動物)
③全世界に広く分布
④人の乳幼児冬期下痢症の主な原因(5歳までにほぼ全ての子供が感染
⑤年間の推定死亡乳幼児数:60万人
宿主種間伝播の報告多数(例:ウシロタウイルスが人に感染)
⑦ロタウイルス:分節型遺伝子を保有→異なるウイルス間の分節交換(リアソートメント)が可
→複雑な進化機構を持つ


最近の研究業績LinkIconここをクリック