2021年12月1日(水)~3日(金) 会場:岐阜市文化センター(岐阜県岐阜市金町5丁目7番地2)

特別講演

Max-Planck-Institut für Kohlenforschung
Dr. Josep Cornella
東京都立大学
佐藤総一先生
京都工芸繊維大学
中 健介先生
関西学院大学
畠山琢次先生
大阪大学
安田 誠先生



準備中です


重要期日

発表申込締切:2021年9月10日(金)終了 
予稿原稿締切:2021年10月8日(金)
事前参加登録締切:2021年10月8日(金)

懇親会:2021年12月2日(木) オンラインイベント

新着情報

2021年9月15日
発表申込を締め切り、発表者には発表番号と要旨原稿作成案内を通知しました。発表を申し込んだ方の中で通知が届いていない方は事務局まで至急ご連絡ください。
2021年8月3日
詳細を決定しました。
発表形式:

口頭発表A:従来通りの口頭発表

口頭発表B:従来のポスター発表に相当、オンデマンドの5分程度の発表動画(閲覧のみ可設定します)を指定のサイトに事前アップロードしていただき、参加者各自、自由な時間に閲覧いただいた上で、夕刻指定時間に質疑応答を行います。補助資料(ダウンロード可設定)のアップロードも可とします。発表内容の機密性を考慮して自由に選択していただく形式になります。
参加費(PDF版要旨集代込):一般5,000円、学生2,000円
紙媒体要旨集郵送希望:2,000円
学生の発表に対する講演賞を設けます。発表申込の際に審査希望をお知らせください。
発表申込サイトは本日(8月3日)受付を開始しています。
2021年5月14日
昨今の状況に鑑み、本年度の討論会は、昨年度に引き続きオンライン開催に変更させていただきます。
これにともない、発表種目を従来通りの口頭発表(口頭発表A)と、従来のポスター発表に相当すると口頭発表Bで構成します。
口頭発表Bは5分程度の発表に対し、5分程度の質疑応答(事情が許せばそれ以上の時間を割く)でいくつかの並列セッションで実施する予定です。
参加登録費は、十分に事前調整できるタイミングでオンライン開催を決めましたので、従来よりも値下し、要旨集も基本的にPDFで提供させていただき、紙媒体は希望者にのみ実費配布という形をとらせていただく予定です。詳細は追って本webサイトで公表していきます。
2020年12月14日
世間の情勢の見通しが立たず開催の詳細は全くの未定ですが、期日に通常通り開催されるという前提でいろいろなページを更新しました。特に、発表申込、参加登録、要旨原稿作成方法が例年と異なる部分が多くなる予定です。まだまだ変更の可能性はありますが、先に暫定案の情報としてお示ししておきます。ご参考になり、ご準備をお願いします。
2020年11月28日
ホームページを開設しました。
ページの先頭へ