ホーム > FD・研修 > 医学教育セミナーとワークショップ・事務研修
医学教育セミナーとワークショップ・事務研修
履歴一覧へ    
                                
第75回 医学教育セミナーとワークショップ 受付を開始致しました 詳細はこちら
日時 2020年1月25日(土)〜26日(日) 場所 岐阜大学(医学部キャンパス)
・シンポジウム 医療者像のパラダイム変化の中でアウトカム基盤型教育の質保証をどう進めるのか
・セミナー MEDC とともに20年
・WS-1 医療者教育の研究を立案してみよう (第15回 医学教育研究技法WS)
・WS-2 臨床実習・臨床研修に文化人類学的アプローチを活用する
・WS-3 はやい! やすい! うまい!? 臨床現場で行う簡単シミュレーション
・WS-4 評価を「自己評価」する 〜妥当性の検証によるブラッシュアップとその後 【FELLOWSHIP/Fellow Associate】
・WS-5 医師のキャリアマネジメント教育
・WS-6 知と実践の往来、そしてフェローとアソシエイトの仲間! 【FELLOWSHIP/Fellow Associate】
・WS-7 体験から得た学びを言語化する 〜振り返りを促進するために〜
                             
第74回 医学教育セミナーとワークショップ in国際医療福祉大学 台風により中止致しました 詳細はこちら
日時 2019年10月12日(土)〜13日(日) 場所 国際医療福祉大学(成田キャンパス)
・セミナー 著作権法改正に伴い著作物を利用する教材作成はどう変わるか
       国際医療福祉大学アクティブラーニングの取り組み
・施設紹介 新しいシミュレーション教育研修施設SCOPEのコンセプトと見学ツアー
・WS-1 多職種連携に必要な多様な視座・視野・視点を醸成するための教育には、何をどのように準備するべきだろうか?
・WS-2 低学年における医療プロフェッショナリズム教育 どう工夫する? 〜ゲーミングをとりいれて〜
・WS-3 臨地実習における教育上の調整が必要な医療系学生への支援を考える
・WS-4 タスクシフティングが進む中で医師・多職種と診療看護師(NP)の協働の仕方を考える
・WS-5 外国人患者とも「やさしい日本語」でコミュニケーション
・WS-6 英語でのOSCEの指導方法と評価方法を考えよう!
・WS-7 エビデンスに基づく臨床コミュニケーション教育基礎編 〜何を教えればいいの?〜
・WS-8 学んで楽しい!教えて楽しい!身体診察 −5つの教育実践例
・WS-9 Programmatic assessmentの日本への導入について
第73回 医学教育セミナーとワークショップ in愛知学院大学 終了致しました 詳細はこちら
日時 2019年8月9日(金)〜10日(土) 場所 愛知学院大学(楠元キャンパス)
・セミナー 学力低下時代の学習者支援
・MEDC企画 医療者教育学の探求:ワークショップから修士・博士まで
・WS-1 真剣にシリアスゲームから医学教育を考える
・WS-2 臨床実習指導。困っているのは、学生?教員?〜コーチング入門〜
・WS-3 これでいいの?歯科との多職種連携
・WS-4 第13回東海地区SP勉強会&交流会(拡大版)
・WS-5 気づきを促す、学びを引き出す 【FELLOWSHIP】
・WS-6 プロフェッショナリズム教育を実践しよう
・WS-7 災害時に向けた医学・歯学教育を考えよう!
・WS-8 既存のカリキュラムで「健康格差の社会的決定要因(SDH)」を教える・学ぶ
・WS-9 質的研究をはじめてみよう!−研究計画を体験してみる
第72回 医学教育セミナーとワークショップ 終了致しました 詳細はこちら
日時 2019年5月25日(土)〜26日(日) 場所 岐阜大学(医学部キャンパス)
【併催】 第20回 国公私立大学医学部・歯学部教務事務職員研修

・セミナー 「生涯学習力としての自己調整学習力を伸ばす」
・WS-1 「多様なニーズのある医療系学生を教職協働で支援する」
・WS-2 「今、求められる教学データの形 〜過去を振り返り、明日を見つめるために」
・WS-3 「医療者教育におけるマインドフルネス入門 ―私とあなたのセルフケア―」
・WS-4 「行動変容を教える授業設計体験ワークショップ 〜初診以外の医療面接も教えよう〜」
・WS-5 「シミュレーション教育法を用いて多職種教育を設計しよう」
・WS-6 「エビデンスに基づいた総合試験の作り方 ―プログレステストを活用するには」
・WS-7 「臨床実習後OSCE(post-CC OSCE)の企画・運営の工夫を共有しよう」
・WS-8 「多職種連携(IPW)と卒前多職種連携教育(IPE)とをつなげる ―地域コミュニティの文脈から考える」
ページ上へもどる