ワークショップ2 ML
臨床実習指導。困っているのは、学生?教員?〜コーチング入門〜
企  画  鶴田 潤(東京医科歯科大学)、鈴木一吉(愛知学院大学)、田口則宏(鹿児島大学)
日  時  8月9日(金)12:30〜16:15
会  場  4号館 2階 4202ゼミ室
対  象  卒前臨床現場で学生指導に関わる方
定  員  18名
アソシエイトポイント  0.25
概 要
卒業時の質保証に向けて、臨床実習は医科・歯科問わず広い分野で重要である。講義室からのマス教育から、マンツーマン指導となる臨床教育において、学生指導に頭を悩ませることはないだろうか。臨床現場では学生は、新人の見習いであり、右往左往する理由がどこかにある。「学生なのに何も考えていない」という視点から「学生だから考えつかないのかな?」と考えることで、私たち自身の助けになる可能性がある。「学ばせる」のではなく、目の前の学生が「学び、変化し、成長する」よう「育てる」ことも重要である。今回は、日頃の臨床現場での学生指導の課題を、ざっくばらんに話し合いつつ、コーチングの基本を知ることで、課題の解消につながる要素を探し、日頃の指導に役立てる機会となることを目標とする。
<< ワークショップ1へ  ワークショップ3へ >>
ページ上へもどる