ワークショップ5 ML
多様な学生を支援する
          性別、年齢、国籍、障害、指向を越えた学習を提供しよう
日  時  1月26日(土)14:00〜18:00 (4時間)
会  場  じゅうろくプラザ4階 研修室1
企  画  青木昭子・山崎由花・瀬戸山陽子(東京医科大学)、蓮沼直子(秋田大学)、伊野美幸(聖マリアンナ医科大学)、吉田素文(国際医療福祉大学)
対  象  医療系の教員(医学科、看護学科、薬学科、など)
定  員  20名
アソシエイトポイント  0.25
概 要
性別、国籍、人種、宗教、障害や性的指向などの多様性(ダイバーシティ)への対応が必要とされる時代になりました。企業はもちろん大学でも多様な学生を受け入れ、環境を整備していますが、医療の分野ではダイバーシティへの対応が遅れていると言われています。本ワークショップでは医学部、看護学部など医療系教育期間における学習者の多様性や教育現場での課題を明らかにして、その解決法を考えたいと思います。
<< ワークショップ4へ  ワークショップ6へ >>
ページ上へもどる