ワークショップ3 TL
プロフェッショナリズムの具体的な教育方略を共有しよう
日  時  1月26日(土)9:15〜18:00 (8時間)
会  場  じゅうろくプラザ5階 小会議室1
企  画  日本医学教育学会 プロフェッショナリズム・行動科学委員会
対  象  卒前・卒後のプロフェッショナリズム教育に関心のあるすべての関係者。医療専門職に限らない。
定  員  50名
アソシエイトポイント  0.5
概 要
プロフェショナリズムがコアカリ・卒後臨床研修・生涯教育の到達目標として設定されているが、未だその定義は明確ではなく、大まかな概念が一定程度共有されているにすぎない。そのため医学教育者の間では何をどのように教育すればよいのかについて混乱がみられ、具体的な教育方略の策定は現場の個々の教育者で試行錯誤が続いている状況である。本ワークショップでは、まず本委員会で整理したプロフェッショナリズムの概念を提示して参加者間で議論し共通認識を得た後、参加者がこれまでに実践してきたプロフェッショナリズムに関する具体的な教育方略を共有する。教育方略を共有し集積することは、発展途上であるプロフェッショナリズムの教育にとって、今、最も求められていることであり、本ワークショップのプロダクトは広く情報発信していくことも目的としている。
<< ワークショップ2へ  ワークショップ4へ >>
ページ上へもどる