ワークショップ7 ML
活用できる看護研修にするために教育企画をブラッシュアップしてみよう!
日  時  11月4日(日)9:00〜13:00 (4時間)
会  場   
企  画  八木街子・古島幸江・村上礼子(自治医科大学)
対  象  演習や研修を設計し、疑問を感じている方。
ワークショップでは看護の事例を取り扱いますが、どの医療専門職でも参加可能です。
定  員  15名
アソシエイトポイント  0.25
概 要
看護では卒前から卒後まで演習や研修など様々な学習の機会があります。しかし、学習の場を設計した場合に、一生懸命設計してもなかなか効果が得られないと感じることも少なくありません。このワークショップでは、2つの演習や研修を例に挙げ、その改善点を議論しながら、そこでの内容を参加者の皆様の研修に反映させていくことが狙いです。eラーニングやシミュレーションといったテクノロジーを用いる例を紹介しますので、「導入をしているがうまくいかない」「今後導入を検討している」といった方の現状を共有しながら、より効果的で効率がよく魅力的な設計を一緒に考えていきましょう。
<< ワークショップ6へ  ワークショップ8へ >>
ページ上へもどる