セミナー ML
データから紐解く地域医療教育の課題
日  時  11月3日(土)17:15〜18:30
会  場  1階 講堂
講  師  松本正俊(広島大学医学部地域医療システム学講座)
アソシエイトポイント  0.125
概 要
地域医療教育には制度的側面と教育的側面があり、日本は諸外国に比べて前者に高いウェートが置かれてきた。1970年代・80年代の一県一医大政策、1972年の自治医科大学創設、2009年から急速に増大している地域枠入学制度など、地域での医師確保のために創られた医学教育制度(政策)は多く、またその規模も諸外国に比して大きい。こういった制度について、その効果を測定するための実証研究も多く発表されてきた。一方教育的側面、すなわち教育コンテンツ(実習の在り方やカリキュラムなど)ついては、米豪加などに比べて遅れている感は否めず、また日本発の実証研究も少ない。本講演ではデータから垣間見える日本の地域医療教育の特徴と課題について論じる。
<< 70S&Wのトップへ  ワークショップ1へ >>
ページ上へもどる