ワークショップ1 A
多職種連携における職種役割と連携パフォーマンスの評価と省察
日  時  1月27日(土)13:00〜16:00 ・ 28日(日)9:00〜12:30 (6時間半)
会  場   
企  画  春田淳志・前野貴美・山本由布・後藤亮平(筑波大学)
対  象  主に現場の医療保健福祉の多職種連携実践に関わっている方
定  員  15名 
概 要
2016年に多職種連携コンピテンシー日本版が開発され、現在我々は、コンピテンシー基盤型の学習を促進すべく知識と行動の面で連携能力を評価するツールを開発している。この研究の一環として、本ワークショップでは参加者が2つの評価方法を実施し、振り返り、学びを深めてもらう。一つは、複雑な事例における多職種役割をScript Concordance Testで評価し、多職種の理解を深めていく。もう一つは、多職種カンファレンスでの連携のパフォーマンス評価を通じて、連携が実践される文脈性と専門職連携能力の複合性について振り返る。最後に、卒前卒後の多職種連携教育の評価法について多面的に議論し、継ぎ目のない形で多職種連携教育を紡いでいくための工夫について参加者と明らかにしていく。
<< パネルディスカッション3へ  ワークショップ2へ >>
ページ上へもどる