ワークショップ7 TL
LMS(Learning Management System)で教材を作ってみよう!
日  時  2017年1月28日(土) 13:00~16:45、29日(日) 9:15〜13:00(7時間30分)
※22,23日と続く一連のワークショップです。2日間続けて受講してください。
会  場  じゅうろくプラザ 4階 研修室2
企  画  淺田義和・八木街子(自治医科大学)
対  象  大学あるいは院内での教育に携わっており、eラーニング(Moodle)の利用に興味関心があるスタッフ
定  員  20名
概 要
時間と場所に影響されない学習・教育の手法として、LMS(Learning Management System)の利用が広がってきています。2013年には第50回のセミナーにて「Moodleを学ぼう」というセッションを開催させていただきました。その後、Moodleはバージョンアップを重ね、2015年11月には3.0がリリースされています。また、無償で利用するためのクラウドサービスであるMoodleCloudも登場しました。基本的な機能に関しても様々な新しいものが追加となっています。本WSでは、moodleの機能紹介の概略の説明から、参加者が応用できるような簡単なコース作成方法まで、「学習者の立場」と「教員の立場」、両者でmoodleを使いながら体験して学ぶことを目的とします。また、後半ではmoodleの評価機能に焦点をあて、「どのような成績評価ができるか」「利用状況に関して、どのようなデータが取れるのか」などについても紹介したうえで、「どのような活用・応用ができそうか?」をディスカッションする機会を設けたいと考えています。
<< ワークショップ6へ   ワークショップ8へ >>
ページ上へもどる