ワークショップ1 A
第8回東海地区SP勉強会&交流会(拡大版)
~コミュニケーション分野のOSCEでの学生のパフォーマンスを評価してみよう!~
日  時  2017年1月27日(金) 13:00〜16:30 (3時間30分)
会  場  岐阜大学サテライトキャンパス  岐阜スカイウイング37東棟4階 多目的講義室(大)
企  画  東海地区SP養成者ネットワーク
対  象  全国の模擬患者、模擬患者養成者 
定  員  80名 定員のため受付終了致しました
概 要
OSCEや医療面接実習をはじめとした、模擬患者(SP)参加型教育の必要性が高まってくるにつれ、SPのパフォーマンスやフィードバックの標準化や質向上が課題となってきています。東海地区では, 2013年より各医療系大学および組織のSP養成者が中心となって、SPのパフォーマンスやフィードバックの質向上と共有、 およびSP養成者のSPトレーニングの知識・スキルの標準化を目的に勉強会を企画・運営してきました。今回はその拡大版として、さまざまな地域のSPやSP養成者とともに、SPにとって悩みのタネの一つである「評価」について一緒に勉強しませんか?共用試験OSCEあるいは臨床実習後OSCEでの学生のパフォーマンスを演じたSP自身が評価することで、学生の合否判定としてふさわしい評価の方法やその標準化について体験し、皆で考えてみます。他地域のSPや養成者と交流を深めるまたとない機会ですので、ざっくばらんに情報交換し、SPにも養成者にとっても役立つ情報を提供したいと思います。
<< セミナーへ  ワークショップ2へ >>
ページ上へもどる