パネルディスカッション1 
医学教育IRの挑戦~ブレイクスルーを求めて
日  時  2016年10月22日(土)13:00〜17:00(4時間)
会  場  9号館5階 9-1講義室
企  画  恒川幸司(MEDC)、荒井貞夫(東京医科大学)、中村真理子(東京慈恵会医科大学)、岡田聡志(千葉大学)、神山千晴(岐阜大学)
対  象  IRを担当している、またはIRに興味のある教職員
定  員  50名 
概 要
分野別認証評価受審や教育改善を目的として、各大学ではIR (Institutional Research) 部門が設立されてきている。第60回の医学教育セミナーとワークショップでは、各大学のIR部門員やこれからIR部門設立を考えている教職員が集まり、各大学の医学教育におけるIRについて議論し、課題や解決策を考えた。そこで今回は、前回のワークショップ時に挙がった「教学IRを行う上でのさまざまな課題」にフォーカスして、参加者同士で討議しながら、各大学の取り組みをパネルディスカッション形式で紹介する。
<< 62S&Wのトップへ  パネルディスカッション2へ >>
ページ上へもどる