ワークショップ8 T/L
医学部で「性的マイノリティ・LGBT」をどう教えるか
日  時  8月8日(土)13:30-17:00
会  場  教育・福利棟 4階 4F 講義室
企  画  青木昭子(東京医科大学)、阿部恵子・松尾かずな(名古屋大学)、
星野慎二(NPO法人SHIP代表)、宮島謙介(しらかば診療所)
対  象  性的マイノリティとその啓発や教育に関心のある方
定  員  15名
概 要
性的マイノリティ・LGBT(同性愛者Lesbian、Gay、両性愛者Bisexual、性同一性障害者Transgender)について学ぶことは、患者背景の多様性に対応した医療の実践のためにも不可欠ではないでしょうか。医学教育モデル・コア・カリキュラムには、AIDS・性行為感染症の項目はありますが、性的マイノリティ・LGBTに関する項目は含まれておらず、正規の授業で教えている大学は少数です。本ワークショップでは、性的マイノリティ・LGBTについての授業の実践例を紹介するとともに、学習内容や学習方法の工夫についてグループ討議したいと思います。
<< ワークショップ7へ  ワークショップ9へ >>
ページ上へもどる