ワークショップ3 T/L
シナリオベースで学ぶ多職種連携教育ファシリテーション
日  時  8月8日(土)9:00-12:30
会  場  教育・福利棟 2階 2F 講義室
企  画  孫 大輔(東京大学)、川村和美(シップヘルスケアファーマシー東日本)、
鈴木佳奈子(4UrSMILE/家庭支援協会)
対  象  多職種連携教育に従事する、あるいは関心のある方
定  員  15名、専門職か否かを問いません
概 要
本ワークショップは、主に医療現場で多職種連携を進めるため、シナリオ(事例)に基づいて、いかにファシリテーションしたらよいかについて学びます。多職種連携教育に携わる専門職や教員を対象に、@多職種連携の阻害要因と多職種連携コンピテンシーについて理解する、A自分の組織における多職種連携の阻害要因について分析する、ことが学習目標です。ワークショップの内容として、ある事例のビデオを見てもらった後、多職種連携の阻害要因についてディスカッションしてもらい、その後、多職種連携の原則について学びます。そして参加者各自の組織における多職種連携の上での問題や阻害要因をワークシートにそって分析し、それを改善するための教育方略について一緒に考えます。
<< ワークショップ2へ  ワークショップ4へ >>
ページ上へもどる