ワークショップ1 FELLOWSHIP T/L
アクティブラーニング:やる気・関わり・深い学び
日  時  8月7日(金)14:00-18:00、8日(土)9:00-12:30
会  場  教育・福利棟 3階 3F 講義室
企  画  西城卓也・丹羽雅之・今福輪太郎・川上ちひろ・恒川幸司(MEDC)、西屋克己(香川大学)
対  象  卒前・卒後にかかわらず、医・歯・薬・看・理学療法教育など医療系の教育にかかわっている人ならどなたでも。レベルは初〜中級向けです。本ワークショップはMEDCフェローシップの一環として行われますが、ワークショップだけの参加でも学びがあるようデザインしています。フェローシップ参加者とともに楽しく学びましょう。
定  員  30名 定員のため受付終了致しました
概 要
「学生は講義で寝てばかり」「新人看護師の学びが遅い」「研修医は、言われた仕事しかしない」「新人薬剤師にやる気が感じられない」・・・学生や新人に関する“愚痴”がしばしば議論されます。学習者を受動的から能動的に、依存的から主体的にするためにはどうしたらいいのでしょうか。近年注目されるアクティブラーニングは新しい概念ではありませんが、それでも学習者をアクティブにする方法に関してはまだまだ議論の余地があり、新たな挑戦を必要としています。世の中において自分の意思で変えられるものは、過去ではなく未来、他人ではなく自分です。学習者が徐々にアクティブになることを目指して、明日からの自分を変えましょう。本ワークショップでは、アクティブラーニングの概念を学び、事例を検討し、明日からの自分の教育実践に違いをもたらす計画を考えます。
<< 57S&Wのトップへ  ワークショップ2へ >>
ページ上へもどる