ワークショップ6
模擬患者大交流勉強会
日  時  10月18日(土)13:00-17:00、19日(日)9:00-12:30
会  場   
企  画  藤崎和彦(MEDC)、前田純子・坂田真砂子・毎熊隆誉(NPO法人響き合いネットワーク岡山SP研究会)、伊東こずえ(九州大学)
対  象  模擬患者参加型教育に関わる模擬患者、教職員、指導者、学生、研修医、医療スタッフ
定  員  60名
概 要
MEDC主催で、岐阜、東京、徳島、札幌、広島、千葉、沖縄、東京と模擬患者大交流勉強会が行なわれてきましたが、このたび再び九州地方で開催されます。現在、各地域でSP養成の地域連携が考えられていますが、今回は福岡で今後の地域連携の可能性を考えるSP大交流会を開催します。また、医学、歯学、薬学、看護学など色々な医療従事者のSP参加型医療コミュニケーション教育が拡大され、職種を超えてSP養成の連携が必要となっています。シナリオからイメージをつかみ、役作りする体験をしていくことで、職種を超えたSP参加型教育に対応できる模擬患者の養成を実現したいと思っています。全国の皆さん、美味しい季節の福岡へお集まりください。
<< ワークショップ5へ  ワークショップ7へ >>
ページ上へもどる