ワークショップ4
魅力アップのための卒前地域医療教育
日  時  1月22日(土) 13:00〜17:30
1月23日(日) 9:00〜13:00
会  場  基礎・社会医学棟 2F チュートリアル室1
企画者  竹内 啓祐 (広島大学 地域医療システム学)
井上 和男 (帝京大学医学部 地域医療学)
タスクフォース  佐藤 勝 (岡山大学 地域医療人材育成講座)
松本 正俊 (広島大学 地域医療システム学)
服部 文子 (広島大学 地域医療システム学)
宮地 隆史 (広島大学 地域医療教育センター)
対象者  卒前医学生の地域医療教育に関わる医療系教員
定  員  30名
概 要
地域医療への関心を高め、面白さ、やりがいを学生に伝えるにはどのような方略が有効かをディスカッションする。今回は学習者として一般枠学生を想定する。地域医療に興味のある学生へのモチベーションの高め方もさることながら、あまり興味のない学生への対応も検討したい。「地域医療実習で何を見せ、体験させるのか 」「地域医療講義は通常課目の講義とどこが違う」といった事から、実習や講義の時期、プログラム内容、実習病院群の選択、謝金や交通費、指導医へのFDといった具体的なことまで議論し、実践入門編としたい。
<< ワークショップ3へ  ワークショップ5へ >>
ページ上へもどる