セミナー
優れた指導的人材育成論 −Competency-based Educationの模索
日  時  1月22日(土) 17:45〜18:45
会  場  臨床講義棟 1F 第5講義室
講  師  二宮 皓 (放送大学広島学習センター所長、前広島大学理事・副学長、広島大学名誉教授)
概 要
 初等中等教育のみならず高等教育においても、期待される人間像から始まって求められる人材像にいたるまで、養成・育成されるべき人材の資質・能力(Competency)を明確にし、そのための教育デザインを描く、というアプローチが求められている。大学評価においては近年つとにoutcome- based educationということで出口におけるアウトカム評価が求められている。他方で世界的にもQualification Frameworkを標準化する動向がみられ、工学の分野での教育課程の標準化が促進されている。
 この問題提起では、医療人養成とは直接結びつかないが、グローバルな社会において指導的役割をはたすべき人材にはどのような資質・能力(competency)が求められるか、またそうした資質・能力をどのようにアイデンティファイできるのか、さらにはそれらを育成する方法的課題は何か、などについて話題を提供したい。
<< ワークショップ6へ
ページ上へもどる