第82回医学教育セミナーとワークショップ
Seminars and Workshops in Medical Education

WS-3 
コミュニケーション教育としての「やさしい日本語」:実践と導入のTips

企 画 
武田裕子(順天堂大学)、岩田一成(聖心女子大学)、新居みどり(NPO法人国際活動市民中心(CINGA))、
石川ひろの(帝京大学)
日 時 
5月21日(土)9:00-12:00
対 象 
コミュニケーション教育を行う医療系学部教員、多文化共生に関心のある教員・医療者・学生
定 員 
25名
アソシエイトポイント 
TL 0.25

概 要

日本に住む外国人のうち、英語でコミュニケーションをとっている人は20%くらいですが、「やさしい日本語」なら理解できる人は9割近くいます(2021年出入国在留管理庁調査)。「やさしい日本語」とは、相手に合わせて分かりやすく伝える日本語を指します。外国人対応を求められる行政窓口や外国人支援の場で活用され始めていますが、医療者にはあまり知られていません。「やさしい日本語」は、相手の文化背景や生活社会歴を確認しながらコミュニケ―ションすることが求められ、異文化理解や健康の社会的決定要因への理解を深めるきっかけにもなります。本ワークショップは、第1部で外国人模擬患者とのロールプレイを行って「やさしい日本語」のコツを学び、第2部では「やさしい日本語」研修導入事例をもとに、参加者の所属機関で「やさしい日本語」の教育・研修を紹介・導入する方略について討議し、アクションプランの作成に取り組みます。