第80回医学教育セミナーとワークショップ with 聖隷浜松病院
【共催】
Seminars and Workshops in Medical Education

WS-3 
臨床教育現場で、つかえるICT技術の実情を共有しましょう!(Slack使ってみた。)

企 画 
本間陽一郎(聖隷浜松病院)、河原 翔・本田優希(聖隷浜松病院)
日 時 
11月13日(土)13:00-16:00
対 象 
ICTを臨床教育現場に導入したい(導入している)医療職
定 員 
20名
アソシエイトポイント 
TL 0.25

概 要

コロナ禍で、医療教育現場は変化を余儀なくされた。対面での教育が制限され、様々な取り組みがなされている。しかし、効果的であると感じる取り組みもあれば、従来の講義をe-learningに落とし込むだけの、教育効果が感じられない取り組みも散見される。 当院では、コロナ禍前から、種々のICT技術を使い、初期研修医に対する教育を行ってきた。そこで、今回、我々が臨床教育で実際に使っているツールを紹介しつつ、他の施設での取り組みを共有したいと考えて、今回のワークショップを企画した。まず、我々はSlackTMを導入して、初期臨床研修医の教育を行っており、実際の使い勝手などを体験してもらいつつ、使用感などをDiscussionしたい。ただ、一方で、実際の対面でないと行えないコンテンツも存在する。そのため、対面で行うことが求められる教育について、その教育内容や教育効果についてDiscussionしたい。
※スマホ(もしくはPC)で、Slackをダウンロードして参加してください。