ホーム > 教育 > PBL学生ガイダンス
PBL学生ガイダンス(2〜4年生)
はじめに  
PBLテュトーリアルとは、一言でいえば『自己学習を支援していくシステム全体のこと』です。したがって学習者自身がその意義をしっかり理解していることがうまく機能するための必須条件といえます。また入学時から学年が進むに従い、その学習のしかたや問題に捉え方・考え方を進化させていくことも、医師というプロフェッショナル養成には重要です。  岐阜大学医学部では平成21年度より、定期的にPBLテュトーリアルについての学生ガイダンスを開催し、学生が自律的な学習者としての学び方を学ぶための支援や、学年に応じた考え方の指導を行っています。
2年生向けガイダンス(2年生4〜5月)
3回シリーズで、グループワークを交えながらPBLテュトーリアルの基礎知識から実際の方法を学びます。最終回では金魚鉢型グループでコアタイムを行い、学生同士で学び合う機会を設けています。
 ■第1回 PBLテュトーリアル開始時
   ・ PBLテュトーリアルについてのグループワーク
   ・ PBLテュトーリアルDVD教材視聴
   ・ ミニレクチャー「PBLテュトーリアル」
   
 ■第2回 PBLテュトーリアル開始約2週間後
   ・ コアタイム、PBL学習についてふりかえり
   ・ ミニレクチャー「学習スタイルと成人学習理論」
   
 ■第3回 PBLテュトーリアル開始約1ヶ月後
   ・ 今までのふりかえり
   ・ 金魚鉢型グループでコアタイム実施、ふりかえり
           
ページ上へもどる