ホーム > 教育 > PBLテューターFD
PBLテューターFD(faculty development)
はじめに  
PBLテュトーリアルにおいて、テューターとは「学生の自己開発型学習訓練を援助する教員」を意味します。つまり知識を直接教えるのではなく、学生が自分の力で必要な知識を獲得できることができるように、問題解決のプロセスをサポートする黒子役に徹することが重要なのです。テューター自身が、PBLテュトーリアルの意義やテューターの役割を理解し、そのスキルを学ぶ機会を設けることは、PBLテュトーリアル教育の質の維持・向上のために必須です。
テューターの基本的役割
  ・ 議論を促進させる
  ・ 議論の方向性をコントロールする
  ・ 学習方法を教える
  ・ 学生を評価する
スケジュール
現在、岐阜大学では初任者テューターFDを基本的に春に2回開催しています。
平成23年度 7月5日(火)・7月12日(火) 開催予定
研修会資料
ページ上へもどる