スタッフ紹介

北出研究室は北出幸夫教授、池田将准教授、喜多村助教、柴田助教(特任)の4人のスタッフで運営しています。

教授   北出 幸夫

准教授  池田 将   <グループHP>

助教   喜多村 徳昭

特任助教 柴田 綾


教授: 北出 幸夫 KITADE YUKIO

岐阜大学工学部化学・生命工学科 教授
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科 教授
薬学博士

<研究テーマ>

  1. インターフェロンの抗ウイルス作用の分子レベルでの解明
  2. 熱帯熱マラリア原虫酵素を標的とする抗マラリア薬開発
  3. 薬物動態解析のための分子イメージング研究
  4. RNA干渉に基づく先進的な癌治療薬の開発

<略歴>

1978年岐阜薬科大学製造薬学科卒業
1980年岐阜薬科大学大学院薬学研究科修士課程修了
1984年薬学博士(岐阜薬科大学)
1985年〜1987年米国国立衛生研究所(N.I.H)博士研究員
1994年岐阜大学工学部助教授
2000年文部省在外研究員(米国北アリゾナ大学化学科)
2001年岐阜大学工学部教授(現在に至る)
2002年岐阜大学工学部生命工学科長
2004年岐阜大学人獣感染防御研究センター 兼務
2005年岐阜大学先端創薬研究センター長 併任
2007年岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科長

<受賞学術賞等>

 ・平成2年(1990年)7月   日本薬学会東海支部学術奨励賞受賞

 ・平成20年(2008年)6月  岐阜大学貢献優秀教職員 表彰

 

<著書・ 学術論文>

著書

抗ウイルス作用を担うリボヌクレアーゼ,RNase L,の活性制御機構,2006,生化学,第78j巻,8号,pp767-770. 他7編

学術論文

  1. Bioenergetics and Gene Silencing Approaches for Unraveling Nucleotide Recognition by the Human EIF2C2/Ago2 PAZ Domain, PLoS One, 9, e94538 (2014).
  2. Synthesis of ethynylbenzene-substituted glycol as a versatile probe for labeling oligonucleotides, Bioorg. Med. Chem. Lett., 24, 1519-1522 (2014).
  3. Threonine 680 Phosphorylation of FLJ00018/PLEKHG2, a Rho Family-specific Guanine Nucleotide Exchange Factor, by Epidermal Growth Factor Receptor Signaling Regulates Cell Morphology of Neuro-2a Cells, J. Biol. Chem.,289,10045-10056 (2014).
  4. Cloning and characterization of four rabbit aldo-keto reductases featuring broad substrate specificity for xenobiotic and endogenous carbonyl compounds: relationship with multiple forms of drug ketone reductases, Drug Metab. Dispos., 42, 803-812(2014). 
  5. PLEKHG2/FLJ00018, a Rho family-specific guanine nucleotide exchange factor, is tyrosine phosphorylated via the EphB2/cSrc signaling pathway, Cell. Signal., 26, 691-696 (2014).他180編

准教授: 池田 将 IKEDA MASATO  

岐阜大学工学部化学・生命工学科 准教授
岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科 准教授
博士(工学)

<研究テーマ>

  1. バイオインスパイアード超分子材料
  2. 人工分子マシーンの創製
  3. 超分子ケミカルバイオロジー

<略歴>

1998年九州大学工学部応用物質科学科卒業
2000年九州大学大学院工学研究科物質創造工学専攻修士課程修了
2002年日本学術振興会(JSPS)特別研究員(DC2)
2002年博士(工学)(九州大学)
2003年JSPS特別研究員(PD) (仏国ルイ・パスツール大学ISIS研究所)
2004年独立行政法人科学技術振興機構ERATO八島超構造らせん高分子プロジェクト博士研究員
2006年九州大学大学院工学府特任助教
2007年京都大学工学研究科助教
2010年〜2011年京都大学物質-細胞統合システム(iCeMS)連携助教 併任
2012年岐阜大学工学部准教授(現在に至る)

<受賞学術賞等>

・平成24年(2012年) 日本化学会 進歩賞
・平成26年(2014年) 化学・生物素材研究開発奨励賞(バイオインダストリー協会)

<著書・ 学術論文>

著書

驚異のソフトマテリアル-最新の機能性ゲル研究-(Part II, 9章:超分子ヒドロゲルのバイオ機能-セミウェット超分子マテリアルの可能性), 2010, 化学同人, pp104-110. 他2編

学術論文 〈ResearcherID〉

  1. Installing logic gate response to a variety of biological substances in supramolecular hydrogel-enzyme hybrids.Nature Chem., 6, 511-518 (2014)
  2. Bioinspired supermolecular materials (Award accounts). Bull. Chem. Soc. Jpn., 86, 10-24 (2013)
  3. Rational molecular design of stimuli-responsive supramolecular hydrogel based on dipeptide. Adv. Mater., 23, 2819-2822 (2011)
  4. Montmorillonite-supramolecular hydrogel hybrid for fluorocolorimetric sensing of polyamine. J. Am. Chem. Soc., 133, 1670-1673 (2011)
  5. Fluidic supramolecular nano- and micro?bres as molecular rails for regulated movement of nanosubstances. Nature Commun., 1, 20, (2010)
     62編(h-index = 29)

助教: 喜多村 徳昭 KITAMURA YOSHIAKI

岐阜大学工学部化学・生命工学科 助教
博士(薬学)

<研究テーマ>

  1. 機能性人工核酸の開発
  2. 薬物動態解析のための分子イメージング研究

<略歴>

2004年岐阜薬科大学厚生薬学科卒業
2007年岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士課程単位取得退学
2007年博士(薬学)(岐阜薬科大学)
2008年岐阜大学工学部助教(現在に至る)
2013年博士研究員(ハーバード大学 A.G.Myers研究室)

<著書・ 学術論文>

著書

固定化触媒のルネッサンス (第4章:官能基選択的接触還元触媒「パラジウム−フィブロイン」), 2007, シーエムシー出版, pp49-61.

学術論文

  1. Stereoselective synthesis of 1-deoxy-1-ethynyl-β-D-ribofuranose as a versatile scaffold. Tetrahedron Lett.,53, 6987-6989 (2012)
  2. Synthesis of oligonucleotides possessing versatile probes for PET labelling and their rapid ligand-free click reaction. Chem. Commun., 47, 2691-2693 (2011)
  3. Ligand-free and heterogeneous palladium on carbon-catalyzed Hetero-Suzuki-Miyaura cross-coupling. Adv. Synth. Cat., 352, 718-730 (2010)
  4. Development of a practical and scalable preparation using sonication of Pd/Fibroin catalyst for chemoselective hydrogenation. Synth. Commun., 4381-4388 (2007)
  5. Heterogeneous Pd/C-catalyzed ligand-free, room-temperature Suzuki-Miyaura coupling reactions in aqueous media. Chem. Eur. J., 13, 5937-5943 (2007) 他18編

特任助教: 柴田 綾 AYA SHIBATA

岐阜大学工学部生命工学科 特任助教
博士(工学)

<研究テーマ>

  1. 核酸を鋳型とした化学反応によるシグナル増幅
  2. タンパク質検出プローブの開発

<略歴>

2002年岐阜大学工学部生命工学科卒業
2007年岐阜大学大学院工学研究科物質工学専攻修了
2007年博士(工学)(岐阜大学)
2007年独立行政法人理化学研究所伊藤ナノ医工学研究室協力研究員
2010年独立行政法人理化学研究所伊藤ナノ医工学研究室基礎科学特別研究員
2013年岐阜大学工学部特任助教(現在に至る)

<著書・ 学術論文>

著書

還元反応を引き金とするoff/on型蛍光プローブを用いたRNA検出法の開発,2012,化学と生物,第50巻,7月号,pp540.

学術論文

  1. RNA-templated molecule release induced protein expression in bacterial cells. Chem. Commun., 49, 270-272 (2012)
  2. Double-stranded oligonucleotides containing 5-aminomethyl-2'-deoxyuridine form thermostable anti-parallel triplexes with single-stranded DNA or RNA. Bioorg. Med. Chem. Lett., 22, 2681-2683 (2012)
  3. DNA templated nucleophilic aromatic substitution reactions for fluorogenic sensing of oligonucleotides. Chem. Commun., 6586-6588 (2009)
  4. Rhodamine-based fluorogenic probe for imaging biological thiol. Bioorg. Med. Chem. Lett., 18, 2246-2249 (2008)
  5. Synthesis of 3’-3’-linked oligonucleotides branched by pentaerythritol linker and the thermal stabilities of the triplexes with single-stranded DNA or RNA. Bioconjugate. Chem., 14, 684-689 (2003) 他14編