岐阜大学生命科学総合研究支援センター
コンテンツ
ご挨拶
センター概要
ゲノム研究分野
嫌気性菌研究分野
動物実験分野
機器分析分野
RI管理室
What's New
スタッフ一覧
コンタクト&アクセス
検索・登録
トップページへ戻る
岐阜大学ホームページへ
実験動物分野
研究内容とスタッフ ●研究内容とスタッフ
発生工学的手法を用いた生活習慣病の解明
病の苦しみから逃れ健康でありたいとの願いと、生命機能を知りたいという思いがライフサイエンスの発展を促し、今日の医学・生命科学を築いてきました。しかし、生命現象の謎はとてつもなく深く、いまだ多くの難問が残されています。ライフサイエンスを支えてきた動物実験も多様化し、高度な専門性が求められるようになってきました。このような難問に挑戦するために、遺伝子改変動物(トランスジェニックマウスやノックアウトマウス)の作出、胚性幹細胞からの特定細胞への分化など発生工学的手法を用いた研究を目指しています。またこれまで褐色脂肪組織を用いた研究を行ってきており、動物個体を用いた生理薬理学的な研究、培養細胞を用いての細胞内情報伝達系や転写翻訳機構の解明、さらには系統細胞の作出や解析など、分子生物学的手法を利用した研究を行っています。これらの研究は生活習慣病(肥満、糖尿病、癌)などの研究への応用が期待できます。 二上英樹助教授写真
二上 英樹 教授
Hideki NIKAMI, D.V.M., Ph.D.

E-mail:nikami@gifu-u.ac.jp
2018.4.1 戻る