2005.3.31

科研方式にあわせて新しいものを上に置きました。
2002年度以降の紀要論文はpdfファイルにて閲覧できます。

タイトル
発表年
発表先/出版社
ページ
『ぎふ・ことばの研究ノート第4集』岐阜大学生のことばの統計的分析 2005.3 (科研費による報告書)  
「岐阜県方言における否定表現」 2004.11 『岐阜大学教育学部研究報告 人文科学』 53-1 11-28
『ぎふ・ことばの研究ノート第3集』方言談話資料とその分析 2004 (科研費による報告書)  
『みんなで使おっけ! 岐阜のことば』(市販版) 2004 まつお出版  
「郡上方言」の文法 2003 『岐阜大学教育学部研究報告 人文科学』 52-1  
『ぎふ・ことばの研究ノート別 冊1 みんなで使おっけ! 岐阜のことば』 2003 私家版  
美濃方言の原因・理由表現 2002 『岐阜大学教育学部研究報告 人文科学』 51-1  
『ぎふ・ことばの研究ノート第2集』
岐阜大学教育学部2001年度後期開講講座国語学各論 ぎふ弁講座
2002 私家版  
『ぎふ・ことばの研究ノート第1集』
飛騨方言資料に見られる文法項目
2002 (科研費による報告書)  
「岐阜県方言の終助詞について〜岐阜県方言文法体系記述への足がかりとして」 2001 『岐阜大学教育学部研究報告 人文科学』 50-1  

「とやまの気づかれにくい方言」

2001 『人文社会学部紀要』1富山国際大学  
『文法を中心としたとやまことば入門』 2001 (科研費による報告書)  
『とやま・ことばの研究ノート3』 2001 (科研費による報告書)  
「岐阜県岐阜市粟野方言の副助詞」 2000 方言研究ゼミナール編『方言資料叢刊』第8巻 広島大学教育学部国語文化教育学研究室 方言研究ゼミナール事務室  
『とやま・ことばの研究ノート2』 2000    
「北陸方言における主題・とりたてを表す「は」の運用について」 2000 『日本方言研究会 第70回研究発表会発表要旨集』  
『とやま・ことばの研究ノート1』 2000    
「富山方言の語彙・文法的特徴について 富山市を中心とした方言話者に対する調査から」 2000 『富山国際大学紀要』10  
「富山方言の「行く」と「来る」について」
1999 『富山国際大学紀要』9  
「五箇山・白川郷方言における連体及び準体的なノとガについて―その消失と保持の方向性」 1998 『富山国際大学紀要』8  
『飛騨白川郷方言談話資料』 1997 (真田信治大阪大学大学院教授監修)大阪大学文学部日本語学社会言語学講座  

『とやま・ことばの研究ノート』については目次をpdf ファイルで公開しています。
『ぎふ・ことばの研究ノート』については、前書きおよび目次をpdfファイルにて公開しています。
「とやまの気づかれにくい方言」『人文社会学部紀要』1(富山国際大学)はpdfファイルにて全文読めます。

富山関係の考察の複写等については富山県立図書館あるいは富山国際大学図書館に問い合わせてください。