コラム

とやまことばの下位区分

 富山県は富山市の中心部からやや西よりにある呉羽山という山を境にして東西に分けられると言われています。呉羽山よりも東の富山市から上中下新川郡全域と飛騨に近い婦負郡などが呉東と呼ばれる地域です。高岡市や砺波市などの市を含む射水郡、砺波郡、氷見市などの地域は呉西と呼ばれます。
 言語面では呉東と呉西では敬語など大きな違いが見られるものもあります。また、単純に東西に分けるのではなく、富山市を中心とした旧富山藩の地域とその両側を囲むように存在する旧加賀藩の地域とで違いが見られるものもあります。
 もっとも特徴的に異なるのは五箇山と呼ばれる地域です。この地域は峻険な山に囲まれまた政治犯の流刑地であったこともあり独特なことばを発達させています。