本文へジャンプ
                              

窓口FAQ
よくあるご質問について掲載しております。

1.履修申請について  
 Q1-1.  どのように履修計画を立てればよいのですか。
 Q1-2.  Webにて履修申請しましたが、間違いなく登録できているのですか。
 Q1-3.  履修申請の抽選に漏れたのですが、この後申請はできないのですか。
 Q1-4.  落選者限定履修申請とは何ですか。
 Q1-5.  受講許可とは何ですか。
 Q1-6.  同じ曜日時限に、複数の科目を履修申請してもよいのですか。
 Q1-7.  同じ「科目名」に属する授業を複数履修できますか。
 Q1-8.  履修登録する単位数の制限はありますか。
 Q1-9.  外国語の履修について教えてください。
 Q1-10.  第二外国語の「ドイツ語」「フランス語」の外国人教員クラスを受講したい。
 Q1-11.  履修申請及び再申請結果発表の日程の関係で、授業前に科目が履修登録できたのか、分かりません。どうすればよいですか。
 Q1-12.  一度履修登録が確定した科目は取消できないのですか。

2.成績について
 Q2-1.  成績はどのように分かりますか。
 Q2-2.  成績異議申立(期間)とは何ですか。

3.その他
 Q3-1.  履修案内や掲示を確認しないと駄目なのですか。
 Q3-2.  Webシラバスと授業案内(冊子のシラバス)とは内容が異なりますか。



1.履修申請について


  Q1-1. どのように履修計画を立てればよいのですか。
 
A1-1. 履修案内をよく読み、以下の項目を考慮して計画を立ててください。授業時間割表についているワークシートに書き込みながら計画を立てると分かりやすいです。
 自分の履修できる単位の上限を確認する。
  (専門科目と合わせての制限が設定されている可能性もありますので、注意してください。)
 必修科目を確認する。(主に外国語科目です。英語は学部・学科等によってクラス分けされ,掲示されますので各自履修登録します。また,第二外国語は全学共通教育ガイダンスの希望調査によってクラス分けされ,自動的にWeb登録されます。なお,地域科学部の英語3は,第二外国語と同様にガイダンスの希望調査によってクラス分けされ,自動的にWeb登録されます。工学部の英語は、学部の指示に従ってください。)
 以外の時間帯で、どの科目を申請するか選択する。(主に人文科学,社会科学,自然科学,複合領域,スポーツ・健康科学科目です。学部によって,各区分の最低修得単位数が設定されているので,そちらをクリアすることを念頭に選んでください。で確認した上限をオーバーしないように注意が必要です。)
 また、シラバスは冊子だけでなくWeb版も必ず確認してください。



  Q1-2. Webにて履修申請しましたが、間違いなく登録できているのですか。
 
A1-2. 申請結果がWeb発表されたら、Webの「履修申請確認表」を確認してください。問題があれば、各自印刷した「履修申請確認表」を持参の上、すぐに全学共通教育事務室に申し出てください。(「履修申請確認表」は証拠となります。必要に応じて印刷し、保管してください。)
 さらに、次のことにも注意してください。
       
  • 自分が履修申請した科目の結果が「確定」「当選」の場合、登録できています。「不可」の場合は、抽選漏れなどの理由で履修できません。
  • 「履修申請確認表」は、教育情報支援システムの「履修申請」「スケジュール」タブの〔帳票〕ボタンをクリックし、ダイアログの指示に従って印刷・確認します。ダウンロードブロックにより利用できない場合は、キーボードの〔Ctrl〕キーをずっと押しながら、操作してください。
  • 最終的には、履修登録確認期間にWebの「履修申請確認表」を印刷・確認してください。
  • 履修する授業科目が過不足なく正しい時限に登録されているか、チェックしてください。
  • 担当教員名も間違いないか、チェックしてください(同じ授業科目名でも、異なる教員が担当している場合があります)。



Q1-3.履修申請の抽選に漏れたのですが、この後申請はできないのですか。
 
A1-3. 抽選に漏れた授業は履修できません。
  再申請期間に、まだ履修登録が可能な科目には、Web履修申請できます。
  なお、抽選に漏れてしまったものと同じ授業科目でも、別の曜日・時限に開講されており、かつ履修可能であれば、他の科目と同じように申請できます。



Q1-4.落選者限定履修申請とは何ですか。
 
A1-4. 再申請の抽選に漏れた学生のみを対象とした履修申請のことです。希望者は、期間内に、印刷した「履修申請確認表」を持参の上、全学共通教育事務室窓口まで手続きに来てください。再申請にて抽選落ちしていない学生は、受け付けできません。



Q1-5.受講許可とは何ですか。
 
A1-5. クラスや学部、学年などで指定された授業科目を指定以外の学生が受講しようとする時は、授業担当教員の受講を認める許可が必要です。外国語を再履修する場合などは、この手続きが必要になります。具体的には、第一回目の授業に出席し、授業担当教員に受講意思を伝え了承を得て、教員の指示に従って履修申請することです。



Q1-6.同じ曜日時限に、複数の科目を履修申請してもよいのですか。

 
A1-6. それは禁止事項です。重複履修は決してしないでください。
重複履修が判明した場合は、その両方の科目が削除されます。



Q1-7.同じ「科目名」に属する授業を復習履修できますか。
A1-7. 人文科学,社会科学,自然科学では,「授業名」が異なっていても,同じ「科目名」に属する場合には1つしか履修できません。同一科目名で異なる曜日時限に開講される科目を各学期に2つ以上履修申請しないよう気をつけてください。スポーツ・健康科学は各学期に2つまで履修できます。



Q1-8.履修登録する単位数の制限はありますか。

A1-8. 履修登録できる単位数の制限は、所属学部や学科・課程によって異なります。また、学部によっては、専門科目と合わせた履修上限が設けられている場合もあります。これらを必ず守り、オーバーしないよう、きちんと計画を立てて履修申請してください。
履修上限を超えて申請した場合は、超えた単位数分の科目が事務で無作為に削除されます。



  Q1-9.外国語の履修について教えてください。

A1-9.
≪英語≫
 学部・学科等により,クラス分けされますので各自Webで履修登録します。(例外として、地域科学部の英語3はガイダンスの希望調査により、クラス分け・履修登録されます。工学部の英語は、学部の指示に従ってください。)指定されたクラスで受講してください。基本的に英語は同一クラスですが,一部の学部では異なりますので注意してください。学部/学科によって,開講学年や学期が異なります。
≪第二外国語T≫
 前学期に履修します。全学共通教育ガイダンス時の希望調査アンケートにより、クラス分け・履修登録されます(Webで申請する必要はありません)。指定されたクラスで受講してください。
≪第二外国語U≫
「T」と同じ言語を後学期に履修します。ただし、地域科学部(ドイツ語、フランス語、中国語)は前学期に履修します。履修するクラスは基本的に「T」と同じクラスになります。詳細は掲示にてお知らせします。
 



  Q1-10.第二外国語の「ドイツ語」「フランス語」の外国人教員クラスを受講したい。

A1-9.「ドイツ語」「フランス語」は,外国人教員が担当する「外国人教員クラス」が開講されます。ただし,人数制限があるため,必ずしも履修できるとは限りません。そのため,履修条件は「外国人教員クラスの履修を強く希望する学生に限る」となります。ガイダンス時の希望調査に基づき決定しします。外国人教員クラスを希望する学生は、「T」と「U」は同じクラスを受講します。原則、クラス変更は行いません。



  Q1-11. 履修申請及び再申請結果発表の日程の関係で、授業前に科目が履修登録できたのか、わかりません。どうすればよいのですか。

     
A1-11. 自分が履修申請した科目の授業に出席してください。



  Q1-12. 一度履修登録が確定した科目は取消できないのですか。

     
A1-12. 履修申請し、登録が確定した科目は、Web上で取消・訂正することはできません。自分の意思で登録した科目は、責任を持って履修してください。
 どうしてもやむを得ない理由で取消しを希望する場合、履修登録確定期間に、自分で印刷した「履修申請確認表」を持参の上、全学共通教育事務室まで申し出てください。
 その他、授業の第7週目位に「履修取消期間」が設けられています。取消(申請)期間・方法については、前学期は4月下旬、後学期は10月下旬に掲示・AIMS-Gifu等によりお知らせします。なお、前学期の履修取消し期間は決まっていますので、履修案内、授業時間割表で確認してください。



      
2.成績について
  Q2-1. 成績はどのようにわかりますか。
A2-1. 全学共通教育の成績は各学期ごとに、Webにて発表されます。日程等は、後日お知らせします。


 
Q2-2. 成績異議申立(期間)とは何ですか。
      
A2-2. 成績に疑義を感じたとき(成績評価の誤記入等,明らかに担当教員の誤りであると思われる場合等)は,この期間に異議を申し立てることができます。申立てをしたい学生は、期間内に,学生証を持参の上,全学共通教育事務室に申し出てください。ただし,成績の救済措置についての申立は受け付けません。




3.その他

  Q3-1. 履修案内や掲示を確認しないと駄目なのですか。
A3-1. よく確認し、間違いのないよう履修申請してください。たとえ担当教員から許可を得たとしても、履修案内や掲示板等に記されたルールを守らない場合は、履修登録できません。
 また、履修方法の変更や問題が発生した場合等の連絡は掲示で行います。見逃すと履修登録できないケースもあります。掲示板を毎日チェックする習慣を身に付けてください。



  Q3-2. Webシラバスと授業案内(冊子のシラバス)とは内容が異なりますか。
A3-2. 授業案内(冊子のシラバス)は簡易版であり、冊子にはない項目が、Webシラバスには掲載されています。また、変更等があった場合、随時更新されます。
 必ずWebシラバスを確認し、履修要件等を理解して履修申請を行ってください。WebシラバスのURLは、https://syllabus.gifu-u.ac.jp/です。岐阜大学のホームページ(http://www.gifu-u.ac.jp/)の「在学生・保護者の方へ」学習支援システムについて「学習支援システム(AIMS-Gifu、Webシラバス他)」「Webシラバス」からもアクセスできます。




岐阜大学教養教育推進部門

〒501-1193 岐阜市柳戸1-1  TEL (058)293-2167

 

Copyright (c) Center for General Education, Gifu University. All Rights Reserved.