「アモルファスセミナー」は、産官学の研究者、技術者が一堂に会して、薄膜太陽電池、液晶ディスプレイ用薄膜トランジスタ、感光体、撮像管、相変化型光メモリなどに幅広く応用されているアモルファス材料およびナノ材料の基礎からデバイス応用までを集中的に議論する年に1回のセミナーで、30年以上もの歴史をもつものであります。現在、太陽電池は社会的需要が高くなっています。このような社会のニーズにあわせて、本セミナーは今回より薄膜太陽電池に特化し、薄膜太陽電池に関する基礎と最新の研究開発事例の紹介等のプログラム構成で、「第1回薄膜太陽電池セミナー」として開催いたします。

 

参加費も第1回特別料金として低額に設定いたしましたので、多くの研究者・技術者・大学院生などの参加をお待ちしております。

 

組織委員長 野々村修一

組織委員長御挨拶

Last update on ’09/10/19