学生向け教育プログラム

For students

岐阜大生向けプログラム
(航空宇宙生産技術システムアーキテクト人材育成プログラム)

「航空宇宙生産技術システムアーキテクト人材育成プログラム」は、地域の航空宇宙産業を活性化する人材として、航空機製造に関する成形・加工・組立・搬送・検査といった一連の製造工程や、生産効率・コスト・品質・納期といった製造工程全体のマネージメントを含む生産管理を理解し、製造工程の知能化や自動化に対応できる素養とスキルを身に付けた「生産システムアーキテクト(生産技術者)」を育成・輩出する教育プログラムである。
航空宇宙産業に関する幅広い知識を有すると共に、航空機生産における次世代生産管理技術や一連の製造工程の高度化技術、およびAI・IoTによる高度化技術に関する知見と、高いコミュニケーション能力に裏付けされた実践力を身につけさせるため、学部3年から大学院修士2年までの4年間のカリキュラム構成となっている。

高度なロボット工学の知識と
情報工学の知識を持った学生

高度な情報工学の知識と
ロボット工学の知識を持った学生

チームで課題を解決することでお互いの専門知識を理解
高度な生産システムアーキテクトを育成

学部:機械コース・知能機械コース
(機械工学一般)

全学科共通科目

工学一般に関する知識および国際的コミュニケーション能力を習得

専門科目

機械工学の専門知識を習得
機械工学科で開講する
機械工学関連科目群

航空宇宙生産技術科目群(学科)

航空宇宙生産技術に関する専門知識を習得

  • 航空宇宙生産技術概論
  • 航空宇宙生産技術(品質工学)
  • 航空宇宙生産技術(経営工学)
  • 航空宇宙生産技術(生産管理工学)
  • 航空宇宙生産技術(学外研修)
  • 航空宇宙生産技術(機械工学概論Ⅰ)
  • 航空宇宙生産技術(機械工学概論Ⅱ)
  • 航空宇宙生産技術(情報工学概論Ⅰ)
  • 航空宇宙生産技術(情報工学概論Ⅱ)

※工学部所属学生は学科によらずプログラム履修できます

大学院:知能理工学専攻知能機械領域

専門科目

ロボティクス・メカトロニクスの専門知識を習得

航空宇宙生産技術科目群(大学院)

航空宇宙生産技術に関する実践力を習得

  • 航空宇宙生産技術(生産技術特論)
  • 航空宇宙生産技術(特別講義)
  • 航空宇宙生産技術(生産シミュレーション演習)
  • 航空宇宙生産技術(開発設計特論)
  • 航空宇宙生産技術(製造技術特論)
  • 航空宇宙生産技術(実証評価特論)

※主に知能理工学専攻の専門科目として開講します。

学部:情報コース
(情報工学一般)

専門科目

情報工学の専門知識を習得
電気電子・情報工学科で開講する
情報工学関連科目群

大学院:知能理工学専攻知能情報学領域

専門科目

データサイエンスの専門知識を習得

名古屋大学および域内他大学・高専・専門学校向け教育プログラム

【令和3年度から開始】

名古屋大学生

工学部では、東海国立大学機構単位互換制度に基づいて航空宇宙生産技術関連講座を提供します。大学院では、電動模型飛行を題材として設計から製造,飛行実証・評価までの一連のプロセスを実体験する講座を共同開講します。

高専/その他大学生

域内の他大学/高専学生向けには、「ネットワーク大学コンソーシアム岐阜」を通じて航空宇宙生産技術関連講座を提供します。
ネットワーク大学コンソーシアム岐阜

お問い合わせ

Contact us

航空宇宙生産技術開発センターへのお問い合わせは、電話またはメールにて承っております。