RESEARCH CONTENTS

研究内容

生体糖鎖領域

Glycan in Organism

目的・内容

個体における糖鎖集合体の役割を理解する

生体糖鎖領域の目的は、生体において糖鎖の集合体が発揮する機能の原理を現象・疾患別に解明することです。特に、神経機能、発生、再生、老化などの生命現象、およびがん、感染症、精神疾患などの疾病に着目しています。

糖鎖改変動物や疾患モデル動物などを用い、生体での糖鎖機能を中心とした研究を展開します。グライコミクスデータや、糖鎖1分子・集合体について明らかにされた基本原理を応用し、糖鎖が生命現象や疾患で果たす役割を解明します。疾患における糖鎖生命原理を明確化することで、関連する疾患の診断や治療に役立つ研究を推進します。

具体例

糖鎖が神経の軸索の再生を制御

例えば最近では、神経や血管内皮細胞などにおいて糖鎖が果たす役割について研究しています。神経ではポリシアル酸やプロテオグリカンなどの大きな糖鎖が重要な役割を果たしています。プロテオグリカン糖鎖が、損傷した神経軸索の再生を制御していること(Sakamoto et al., Nat. Chem. Biol., 2019, 15, 699-709)や、ポリシアル酸糖鎖の発現変化が統合失調症などの精神疾患と関わることなどがわかってきています。

細胞外o-GlcNAc欠損マウスの血管から漏出の様子

糖鎖の欠損は血管の異常を引き起こす

また、細胞外O-GlcNAcと呼ばれる糖鎖が、個体の発生や器官形成などに重要なNOTCHタンパク質の機能を調節しており、細胞外O-GlcNAcの機能不全が血管のバリア機能の低下を引き起こすことなどを明らかにしています(Sawaguchi et al., eLife, 2017, e24419)。

糖鎖生命コア研究所への
電話でのお問い合わせはこちら

058-293-2060

( 受付時間:平日 9:00-17:00 )

糖鎖生命コア研究所への
メールでのお問い合わせはこちら

MAIL

iGCORE パンフレット

iGCOREのパンフレット(PDFファイル)はこちらからダウンロードできます。