[岐阜大学工学部社会基盤工学科 先端材料・構造研究室]コンクリート構造物を中心としたインフラの維持管理や防災に資する複合材料および構造のあり方について研究しています

関連先リンク

お問い合わせ

岐阜大学工学部社会基盤工学科
先端材料・構造研究室

〒501-1193 岐阜市柳戸1番1
E-mail : kunieda@gifu-u.ac.jp(@を半角)

社会基盤工学科 研究内容

研究の基本スタンス

材料-構造,実験-数値解析のシームレス化

先端的補修材料(超高強度ひずみ硬化型モルタル)の開発と実用化

超高強度ひずみ硬化型モルタルを開発し,補修材料としての展開を行っています.

材料の優位性
  • (1)高引張強度,高靭性
  • (2)ひび割れ分散性

  • (3)高い物質移動抵抗性
        10%塩水に28日間浸漬した後の塩化物イオン侵入状況
壁高欄の表面保護

 

港湾構造物の表面保護


 

【施工事例】港湾構造物の表面保護

早期復旧工法の開発

  

【補修後載荷時の荷重-変位関係(UHP-SHCC) 】

このページの先頭へ

材料開発~設計~施工~維持管理支援数値解析手法の開発

短繊維を離散化した数値解析により,充填解析から硬化後の破壊解析,耐久性解析手法 の開発を行っています.

短繊維補強コンクリートの流動解析(障害物を迂回)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

短繊維を離散化した構造解析への接続
製造~施工~維持管理までを考慮したライフスパンシミュレーションの開発

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

このページの先頭へ

橋梁のモニタリング手法の構築(FRPセンサ)

橋梁等におけるひび割れ開閉の履歴を残すひび割れセンサを開発し,維持管理に貢献します.

ひび割れ幅と反応状況

ひび割れ拡大

PC構造物への適用

地震時の損傷履歴の評価への応用

このページの先頭へ

ひび割れの自己治癒

ひび割れの自己治癒による物質移動抵抗性の回復について研究しています.

閉塞したひび割れの例

ひび割れの閉塞(電子顕微鏡)


このページの先頭へ

Copyright (c) Gifu University Faculty of Engineering and Graduate School of Engineering.