紹介

障がい者の職業リハビリテーションとして、また実際の就労の場として、 農業は古くから福祉サイドから注目されてきたが、農業サイドから体系的に取り組まれた事例は少ない。 そこで本研究会では、農場という「場」において障害者が実際に農作業するに当たっての指導方法や作業マニュアル、経営方針等を研究する。 これによって、福祉現場や農業現場に福祉農業の可能性と改善策を情報発信する。

福祉農場への社会的な関心と期待

近年、障がい者が農業に取り組む姿が社会的に注目されている。 その背景に、①障害者自立支援法の制定、②リーマンショックによる下請け作業の減少、③農業の担い手不足、などがある。

新聞報道に見る農福連携に関する記事数の推移

新聞報道に見る農福連携に関する記事数の推移

全国各地で主たる授産活動として農業に取り組む障がい者福祉関連施設の数

全国各地で主たる授産活動として農業に取り組む障がい者福祉関連施設の数

障害者が農業分野で活躍できる機会を作る

作業風景1 作業風景2 イメージ 大規模事業所(企業)に課せられた法定雇用率の充足などを通して、障がい者のノーマリゼーションとしての社会参加が期待されている。 また障害者が生きがいを持って働けるような職場環境が求められている。
福祉農場研究会では、メンバー間の情報交換と連携、講演会を通して、まずは岐阜市周辺部での農福連携の推進に貢献している。