先輩たちの声

西村 紗織先生(卒後3年目:掲載当時)

1年目 岐阜大学医学部付属病院 研修医
2年目 岐阜大学医学部付属病院 研修医
3年目 岐阜大学医学部付属病院 後期研修医

私は小児科医になると決めてから、専門医や大学院などに進むにあたって様々な症例を経験したいと思い、入局を決めました。入局1年目は病棟での仕事を主にしていますが、小児科病棟は感染症・アレルギー・代謝、血液・腫瘍、神経・新生児などにチームが分かれており、私は3~6か月ごとにチームをローテーションしてたくさんの患者さんに出会い、考え方や手技などを学ばせていただいています。指導してくださる各分野の先生方も基礎的なことから専門的なことまで教えていただけるので大変勉強になっています。また、先生方が優し くて質問しやすい雰囲気なのも、小児科ならではと思います。今後、大学病院以外の関連病院でも研修の機会をいただけるので、充実した後期研修にしたいと考えています。

大塚 博樹先生(卒後6年目:掲載当時)

1年目 小児科入局
    岐阜大学病院 初期研修:周産期コース(小児科) 
    内科・麻酔科・救急科・小児科をローテート
2年目 同研修コース
    以下ローテート
      小児科(岐阜大学病院、郡上市民病院、高山赤十字病院)
      産科(長良医療センター・岩砂マタニティ)
      NICU(岐阜県総合医療センター新生児内科)
      精神科
3年目 岐阜大学病院 小児科 医員
    前半 免疫・神経グループ
    後半 血液・腫瘍グループ
4年目 岐阜大学大学院入学
    前半 岐阜大学病院小児科
        (うち3ヶ月間、長良医療センターで小児科・NICU研修)
    後半 滋賀県の市立長浜病院へ出向
5年目 市立長浜病院勤務
6年目 前半 市立長浜病院勤務
    後半 岐阜大学大学院で実験従事

もともと小児科をやることは心に決めていたため、初期研修は大学の小児科コースを選択しました。すると研修開始前に当時の教授に呼ばれ、入局の証として聴診器を渡されました(笑)。研修医の時も含め多くの関連病院を研修させていただき、多様な現場があることを実感しました。診断に悩む姿や治療に難渋する場面から、将来どこに所属し何をサブスペシャリティとするにせよ、physician scientistとしてやっていきたいと思いました。今はその土台作りとして大学院に入り邁進しています。岐阜大学小児科は研究にも力を割いているため、研究面でも充実した指導が受けられます。

笹井 英雄先生(卒後10年目:掲載当時)

1-2年目 初期研修医(岐阜大学病院のたすきがけプログラムで1年目:木沢記念病院、2年目:岐阜大学病院)
3年目 岐阜大学病院小児科
4年目 岐阜大学病院小児科~市立長浜病院小児科
5年目 市立長浜病院小児科
6年目 市立長浜病院小児科~岐阜県総合医療センター新生児内科
7年目 岐阜県総合医療センター新生児内科~市立長浜病院小児科
8年目 市立長浜病院小児科~岐阜大学病院小児科
9年目 岐阜大学病院小児科
10年目 岐阜大学病院小児科

最初から小児科医になりたいと思っていたので、初期研修2年目の夏以降は全て大学での小児科を選択しました。岐阜大学病院小児科で経験できる症例数やそのvariationの多さは相当なものがあります。大学病院としては擁している小児科医数は決して多い方ではないかもしれませんが、そのぶん早くから主治医として主体的に患児やご家族に関わることができるので、責任も大きいですがやりがいもすごく大きいと思います。
 “research mind”を身に付けたい!と思い、僕は医師8年目で大学院に入学しました。今は先天代謝異常症の解析を中心に、研究主体の生活を送っていますが外勤等で外来もやっています。
 病棟・研究室含め、岐阜大学小児科学教室の雰囲気の良さは特筆すべきものでしょう(学生実習等で回った学生さんは結構そう言ってくれます。手前味噌か!?いや、本当に良い。)また、関連病院も豊富なので、キャリアプランに応じて、かなり柔軟性のある研修が可能だと思います。