マネジメント機能強化のための組織構築

リエゾンファンクション

  • 研究者の自由な発想を促し、発展させる
  • 研究センター全体のひと、情報、分子、アイデア流通の要とし、研究者が協働できる体制を管理・運営
  • 研究の方向性をマネジメントし、大幅な研究力向上と外部資金の獲得を支援する

アドバイザリーボード(外部有識者等で構成)

  • 研究センターの管理運営や研究成果に対する評価を実施
  • 社会からのニーズを踏まえたアドバイスを行う
  • 産官学連携推進本部と連携することで産業界のニーズに応え社会実装を視野に入れた活動を総合的に推進する

糖鎖をはじめとする生命鎖の基礎研究と創薬をつないでいく。

 核酸の分子生物学が核酸の構造解明と化学合成が進んだことによって進展しましたが、生命の仕組みを探究していくためには細胞の中で何が起きているかをつぶさに見る必要があります。どういう分子がどう配置され、それが分解するとどうなるか。細胞の変異やその抑制にはどんな分子が作用しているのか。こうした自然界で起こる分子の変化を明確にするためには、人間の力で同じものをつくらなくてはなりません。そこで、糖鎖、核酸、蛋白質という三つの生命鎖を分子レベルで研究し、機能を持たせた新たな分子や材料として生み出すのが「つくる領域」の役割です。そのような分子や材料をつくるには、自然界にある物質を素材としてそのまま利用する方法と、化学的直感、経験、論理から分子を設計して具現化していく方法の大きく二つのアプローチがありますが、本学には、いろいろな手法を使って自在に分子を合成することができる研究者が集まっていることが大きな強みと言えます。センターを構成する一つの領域として、それぞれのノウハウ、研究の情報、課題を共有し、互いが深く相互作用して、新しい反応を起こすことが私たちのテーマと言えるでしょう。
 センター全体としては、「先端的な生命科学の推進」とともに「創薬」という目標を設定しています。私たちがつくる分子や材料は、創薬のさまざまな過程で何かを解明しようとする時に重要なツールにもなりえます。疾患を解析することで原因となる分子を特定し、その分子の働きの理解の下に新しい薬を開発する、という取り組みが可能になります。そのために、他の二つの領域と連携し、多くの研究者が積み重ねてきた基礎研究を応用へと結びつける挑戦をしていきたいと考えています。

生命の鎖統合研究センター 教授 安藤 弘宗

細胞の働き、生命現象の相互作用の解明と深い理解を通して、センター全体の研究力の基盤を担います。

 私たちの体は細胞の集合体であり、神経系、内分泌系、免疫系などの高次ネットワークシステムによって健康を維持されている生命です。生命の営みの破綻は疾患へとつながります。当センターの目標である「創薬」には、健康および疾患の基盤となる生命の仕組みを解明することが必須です。私たちの領域の役割は生命の複雑さを「ひも解く」ことです。現在、脳・神経系と免疫系の研究に取り組んでいます。
 本領域の柱の一つがイメージングを用いた研究です。分子などミクロなものを可視化することで細胞やウイルスの動きを高解像度で追跡することが可能となり、生命の仕組みを健康な側面から解明できます。また、脳の動きを可視化することにより、認知症など脳・神経疾患のメカニズムを詳しく調べることができます。さらに、脳・神経疾患の治療研究によって生命の可塑性や修復性を明らかにしていきます。私たちは、生命の仕組みを「ひも解く」ための研究ツールや手法を「つくる領域」と、また疾患のメカニズムを理解するための研究を「活かす領域」と協同して進めていきます。このようにセンター全体として取り組むことによって、疾患の急所を見つけ出し、そこを攻める分子標的薬などの創薬に結びつけます。
 「ひも解く領域」に、分子、細胞、臓器、個体そして臨床という異なる階層の研究者が揃っているのは何よりも心強いこと。研究者がシームレスに各階層を行き来しながら情報共有や連携を図ることで、生命の仕組みをより深く理解することが可能となります。「ひも解く領域」はセンター全体の研究力の基盤を担い、医薬品などの開発力向上を後押ししていきたいと考えています。

医学系研究科 教授 前川 洋一

医学、薬学に最先端の獣医学も加わることで、生命科学に関する研究者集団の研究成果を創薬に活かします。

 「活かす領域」の役割は、「つくる領域」と「ひも解く領域」で明らかになったことを、どう社会に還元するかを考え、担っていくことになります。また、臨床などの分野で現実的な疾病を研究する私たちの立場から、生命現象のメカニズムの解明方針、治療や予防の道筋を提案することも重要な役割になるでしょう。実際に、そうした事例が出始めており、従来は人と動物が個別の研究をすることが多かった人獣共通感染症や腫瘍・難治性疾患などにおいて、再生医療研究などともつなげながら創薬の具現化に取り組んでいくことが可能になります。
 その背景となるのが、医学と獣医学の研究・教育組織(医学部と応用生物科学部・共同獣医学科)、さらに動物病院も同じキャンパスにある本学の特性です。メカニズムを解析した化合物や生体材料を臨床応用するために、従来はまず人工的に疾患の状況をつくっていました。しかし、動物病院を活用することで、ラットやマウスだけでなく、犬など大型な動物の自然発生疾患によって臨床研究ができるというのは大きなメリットです。獣医学の最先端が、医学、薬学、さらに基礎研究と同じフィールドで研究し、臨床ができることで、研究成果を人に応用する期間の短縮と精度の高さが期待できます。
 本学には、生命科学の基礎研究を中心に、実に多くの素晴らしいシーズがあります。それらを論文で終わらせることなく、実用性を考えて企業とつなげるアウトプットの仕組みが「活かす領域」です。そのためには、センターの各領域間の連携が重要なことは言うまでもありません。基礎研究を臨床へとつなぎ、時には当初の目的とは別の疾患に応用するなど、多くの研究者と共にトライ&エラーを重ね、創薬へとつながる研究の芽を育てていきたいと考えています。

応用生物科学部 准教授 高島 康弘