岐阜大学 工学部 化学生命工学科 生命化学コース

研究内容

■研究室概要

藤澤研究室は生物現象の物理的側面に着目し、「なぜそうなるか?」を突き詰めていきます。
研究は大きく4つの分野に分かれます。
■X線小角散乱法による構造生物学
■高静水圧力を用いたタンパク質の安定性と復元の研究
■膜タンパク質と界面活性剤の相互作用
■生体関連データのデータ解析

X線小角散乱

X線小角散乱による構造生物学

■キーワード
バイオインフォマティクス、装置制御、タンパク質構造生物学

タンパク質水溶液からの散乱像を解析して水溶液中でのタンパク質の「姿」の変化を探ります。計算機を用いたデータ解析だけでなく、変化を測定するための化学反応装置の開発などを行います。

高静水圧

高静水圧力を用いたタンパク質の安定性と復元の研究

■キーワード
タンパク質の巻き戻し、高圧X線小角散乱法

高静水圧を加えると酵素反応は大きく変化します。特にタンパク質の巻き戻し反応に関して有用だと言われています。
世界でも数少ない高圧X線小角散乱装置を中心として構造の面から研究を行います。タンパク質だけでなく機械的なことも学べます。

膜タンパク質

膜タンパク質と界面活性剤の相互作用

■キーワード
ミセル、コロイド化学、秩序形成

タンパク質の折れ畳み特にβバレル構造を持つ大腸菌外膜タンパク質OmpAの変性と復元について光散乱法を中心に様々な物理化学手法を用いて調べていきます。
また、界面活性剤の脂質2重層膜への影響も調べています。

波形分離

生体関連データのデータ解析

■キーワード
ケモメトリックス、波形分離

小角散乱データは溶質濃度、温度、圧力など簡便に測定環境を変えて測定することができるので関連した一連のデータが得られます。これらのスペクトルデータを機械学習の手法を応用して波形分離したり熱力学量を抽出したりするプログラムを作成しています。

竹の写真

研究業績

■research map
藤澤哲郎、亀山啓一、石黒亮

研究室の業績は各人のresearch mapから検索できます。

↑ PAGE TOP